タグ : music

 MUSICの時代にあえてiPodを復活させてみた

IMG_3261前回の投稿に続いてMusicの感想を。

  • iTunes Store の曲が全曲Music で提供されているわけではない(洋楽系でも今売れ筋のものは見つからないことも多い)のはもちろん、Musicでストリーミング可能であってもダウンロードできない曲もあるみたい。iTS で「アルバムのみ」となっている曲がダウンロードされてされてこないアルバムがあったりする一方、別にこだわりなく全曲落ちてくるアルバムもあるようです。そのあたりはおそらくレーベル(アーティスト)側のポリシーなのでしょう。
  • アーティスト側の対応も日々変わっているようで、たとえば、いつの間にか矢野顕子のアルバムがごっそりとMusicから消えていたりする。(なんと残念な…)
  • 結局、音楽提供側としては、全曲再生可能な試聴の場を提供しました、という立場のようで、DRMフリーで複数デバイスで聞きたいなら、やっぱりダウンロード販売のチャネルから買ってください、ということなんですね。
  • Musicとローカルライブラリの統合、とおっしゃるけど、DRMの件やダウンロード可能デバイスの縛りはもちろん、一つのデバイス上で再生した再生記録が他のデバイスに反映されたりしなかったりするような。おかげで、再生回数や再生日をキーにしたスマートプレイリストが、だんだんデバイスごとにばらばらの中身になってしまうのがどうもいただけない。
  • と、いうわけで、ローカルのライブラリ専用に、この際、iPod nano を復活させてみました。iPhone でMusicを利用する場合、iCloudミュージックライブラリをオンにしないとMusicからアルバムやプレイリストをダウンロードすることができないのですが、そうするとせっかくCDからロスレスでリッピングしたローカルファイルをiPhoneに同期させることができなくなっちゃうんですよね。ちょとそのあたりもやっとするので、この際iPhoneはMusic専用に割り切ることにしました。nanoの極小タッチディスプレイはお世辞にも使いやすいとは言えませんが、その代わり横の物理ボタンでほとんどの操作は可能ですし、ボタン長押しで曲名を言ってくれる機能もiOSにはないですから。
  • 欲を言えば、iPodをアップデートしてせめてMusicの曲を転送できるようにはしてほしいし、ラブもできるようにして欲しいところですが、やはりそうはならずにiPodファミリーは近い将来消えてゆくのでしょうか。。
広告

Apple Music , iTunes 12.2 など

150702-0003果たして日本で始まるのかどうか、やきもきさせられましたが、何はともあれ 7/1 から日本でも無事サービス開始されたので、早速夜中に iOS を OTA でアップデートしていじくってみました。

  • なんと、アイコンがあまちゃん!
  • あまり興味がないのでよく調べていませんが、どうやら邦楽の登録はかなり少ないようで、iTS と日本音楽業界との微妙な距離感を感じずにはいられません。
  • それに比べて、洋楽勢が充実しているので、洋楽大好きおじさんにはたまりません。あのアルバムもあのアーティストもと検索していると時間を忘れそうです。
  • ローカルにもダウンロードできますが、再生すると自動的に消えてなくなるらしい。ダウンロードされた曲は、Apple Music というフォルダに、.m4p形式でDRM付ファイルとして保存されています。ダウンロード先のデバイスと紐付けされるらしく、他のデバイスでダウンロードした曲を別のデバイスに同時にダウンロードして保存することはできません。それをしたかったら、iTS で買ってね、ということらしいですね。もしかしたらファミリーコースではダウンロードできるデバイス数が増えるのかな?
  • 実際に Music が始まるまでは、先行してサービスが提供されている、iTunes Match との関係がよく理解できなかったのですが、どうやら、iTunes Match は iTS で販売取り扱いのない曲を iCloud 経由でストリーミング可能にするサービスとして今後も残るらしい。それなら iTunes Mismatch でしょ! 冗談はともかく、マッチしない曲をたくさん保有する我が身として、iTunes Match も続けなければならないかな、という気がしています。
  • iPhone で外出時に4G通信経由で使うのはさすがにためらわれますが、お出かけ前にダウンロードしておく手間さえ厭わなければ、いろんな曲と出会うための良いチャンスになりそう。

というわけで、あまちゃんアイコンだとか、アプリ自体の不安定さ、一部でアートワークを勝手に変えちゃうとか無視できないマイナス要素もありますが、総じてまずまずのサービスではないでしょうか。で、3ヶ月お試し期間後の自動更新をオフにする記事がひどく人気なようですが、みんな無料期間が過ぎたらやめちゃんですか?ちょっとそれは個人的には信じられないな、と。iTunes Match を含めても年間 CD 5~8枚ぐらいの値段で済むわけですから、洋楽好きなリスナーなら元は取れると思いましたです。

Open Well Tempered Clavier

BaⒸh to BachKimiko Ishizaka さんのCCライセンスによるクラシック録音は、Bach のゴルドベルグ変奏曲から始まりましたが、その第2弾として、同じくバッハの平均律クラヴィア曲集第1巻がこの春から公開されています。

もちろん落として聞いてみましたが、なかなか端正なピアノです。楽譜もPDFで付いてきますから、学生さんなどにもいいのではないでしょうか。

次は第2巻と思いきや、ショパンの24の前奏曲をプレイエルの古楽器で演奏とのこと。こちらも楽しみです。

新年明けまして…

…おめでとうございます。

毎年末になると、Wordpress からブログ更新状況・アクセス状況を振り返るお便りがとどきます。それによると昨年は1年間で8記事の投稿。順調に滞りつつある当Blogでありますが、お読みくださる物好きの皆様には本年もよろしくお願いします。

iPod Classic ディスコンの悲報の一方で、ハイレゾとやらでポータブル・オーディオは高級化路線とスマホでいいや路線の二極化が進行中。そんななかで iPod nano を持ち歩いていた私でしたが、昨年末、ついに持ち物を iPhone ひとつに絞ってみました。 iPhone にイヤフォンを直刺しもまずまず悪くありませんが、やはりここはヘッドセットを使うべきでしょう。ということで、Audio Technica のATH-CKS77XBTという製品を買ってみました。

今まではイヤフォン交換可能なレシーバー型を好んで購入して来たのですが、レシーバー型では結局持ち物が減った気がしないのと、日常使用のイヤフォンを使うので、イヤフォン直刺しのときの音と無意識に音質を比べてしまって、音楽を楽しめないんですね。そこで今回はえいやっと、イヤフォン交換不可の首掛け型の本機を導入。AACコーデック対応というのも、実は効果がよくわからないけど、魅力的。

使用感はまずまず。iPhone から電池残量が確認できたり、真ん中長押しで Siri が起動できたり、iOS との親和性が高い。ヘッドセットの音量調整スイッチで iPhone 本体のボリュームが変化するのも、なかなか好印象。前に使用していたヘッドセットではヘッドセットのボリュームとiPhoneのボリュームとが別々に動くのが気持ち悪かったですから。

音質は「ソリッド・ベース」の謳い文句のようにやや低音強調型ですが、高音もそれなりに。低音強調というとロック系向きのように思われますが、実はそっち系の音楽はもともと低音強調録音だったりしてモコモコしがちになることもあるようで、むしろクラシック音楽が意外にきれいに聞こえます。音楽のエネルギー感が若干不足する感じもしますが、音質はBTワイヤレスとしてまずまず及第点ではないかと。音の途切れも通常使用ではほとんど経験しません。

弱点としては、マイク・リモコン部がちょうど頬のあたりにきて、ほっぺたをぺちぺちしちゃう。これはちょっと実際に使ってみないと分からなかったですね。あと、持ち運び時に予想以上にかさばる。まあポケットに入りますが。防水・防滴でもないので、そのあたりも注意。首掛け式ではありますが、スポーツ時の使用を意識した製品ではありません。

当面はこちらのヘッドセットと音茶楽または Fostex のイヤフォンの併用という感じで音楽を聴いています。