タグ : modification

iTunes109


どうもiTunesがバージョンアップするたびにカスタマイズねたをやっているようですが,機能はともかくとして,その斬新なルックスで世間を圧倒している iTunes 10 であります。私なんて,あまりのショックについつい我を忘れてEcouteなんぞレジストしてしまいました。円高ということもありますけど。
ウィンドウコントロールボタン(そういう名称でいいのかな?ウインドウの左上に赤・黄・緑と三つならんでるアレです)が縦に並んでる!とか,アイコンががが(以下略)とかいろいろ賛否はありますが,何にせよ私が一番困ったのは,サイドバーのアイコンがいきなりモノトーンになって,これがかなり視認性が悪くて,正直目のよくない私には目を細めでもしないと,ただでさえちいさいアイコンの見分けがつかないのです。
しかしまあ,同じようなことを考える人はどこにでもいるようで,@panpotさんのツイートから流れてきたのが iTunes109 (あいちゅんずトーキュー?)というカスタマイズというか,iTunes の見栄えを前バージョンっぽくする(完全にもとにもどるわけではありません)もの。インストーラ形式で配布されておりまして,アンインストーラもちゃんとついております。もちろんこの手のものは不具合が起こる可能性もありますから,自己責任です。
すぐにiTunes 10.1とか出そうな気もしますけどね。Shuffleのボタン復活の件を見ても,ユーザの評判次第でデザインが治る可能性もありますし。

  • Damien Erambert | “iTunes 109”(※ ダウンロードリンクはプレビュー画像右下にある黒いファインダー風のアイコンにしこまれています)

ちなみに,iTunes 109 にはウィンドウコントロールボタンを横向きにするスクリプトもついてきますが,私のところではどうもうまく動かず,結局,ターミナルに “defaults write com.apple.iTunes full-window -int -1” と打ち込みました。(参考 → iTunes 10で赤、黄、緑の3つのボタンを横並びにする方法 – MacBookの小部屋

<追記>
さきほど気がつきましたが,リソースをいじってサイドバーのアイコン表示をカラー化した場合でも,カラー化されるのは,iTunes 10 の環境設定で「ソースのテキスト」を「小」に設定しているときだけのようです。やっぱりiTunes 10 のオリジナルがいいな,と思ったら,「ソースのテキスト」を「大」に切り替えるとサイドバーのアイコンも変わります。

広告