タグ : iPod touch

iOS7の通知センターについて

通知センターiOS7で新しくなった通知センターですが、テキストでの説明がくどいとか、一行の幅が無駄に広くなってしまったとか、いろいろ不満はありますが、個人的に、一番大きな不満は、カレンダーの表示についてです。

  • イベントがリスト表示から時間軸表示になったのはまあ許せるとしても、イベント詳細が表示されるのは向こう6時間に限られてしまった。
  • 通知センターの設定で「明日の概要」の表示をオンにしても、表示されるのはイベントの件数だけで詳細が表示されない。
  • 終日イベントが表示されなくなった。
  • 通知センターに表示されるイベントがないと、どこをタップしてもカレンダーアプリは開かない。

特に、終日イベントの表示がなくなった件は、「そら案内」のカレンダー連携機能と併用して便利だっただけに、痛いところ。ちょっと調べてみると、Appleの公式サポートコミュニティでもこの件は話題になっている様子(ios7で通知センターにカレンダーの終日…: Apple サポートコミュニティ)。現在の天気や温度はいいから、終日予定は表示できるようにして欲しいところです。

広告

iOS7 雑感。

130919-0002
ちょっと放っておくかとも思いましたが、やはり新しもの好きとしては人柱にならないわけにはいきません。
というわけで恒例の箇条書きをば。

  • 機種は au 4S です。重いという感想も一部にはあるようですが、私としてはそれほど重いという感想は持っていません。それよりも、しばらく触っていたら結構熱くなるし、バッテリは減っていくしで、電池の持ちが気になります。このあたりはもうしばらくしたらいろんな報告が出てくるのではないでしょうか。
  • ドラスティックに見た目が変更しました。アイコン中心から文字中心のデザインになって、「通知センターのお天気情報も文章だし、明日の予定も「○件の予定があり、最初の予定は○時から」みたいな説明口調。なんだかくどくないですか?
  • 壁紙が動いて見える「視差効果」とか、面白いですけどはっきり言って無駄。しかもこれでバッテリ喰うわけですから、最新機種ならともかく、4Sユーザとしては切るべき。どこで切るのかというと、「設定」から「一般>アクセシビリティ>視差効果を減らす」をオンで。これは深くてちょっと分かりにくいですね。
  • 全体が白地に細めの文字になったので、むしろ黒地に白文字が読みやすそうだな、と思って、「アクセシビリティ」の項目で「色を反転」を試してみました。たしかに文字は読みやすくなりますが、全ての色が反対色になるのでホーム画面のアイコンがかなり不気味になりました。ただ、暗い場所で、画面の明るさが邪魔になるような場合には「色を反転」は悪くないのでは。色反転機能は前からありましたけれど、全体が白っぽいデザインになったので、以前より効果があると思います。
  • その他、電池を持たせるためには「Appのバックグラウンド更新」もオフにした方が良いよ、とのつぶやきを見まして、これも全部切りました。
  • 壁紙は「視差効果」の関係もあって、画面の大きさより大きい画像が必要になるようですね。のっぺらアイコンともっちりアイコンとてかてかアイコンが混在して、アプリデザインも混迷する昨今で、どんな壁紙がいいのか、かなり悩みます。昔はiPhoneの背景は黒一色でそれを変えるためにJBしたのも懐かしい思い出。世の中変わりました。ロック画面もJBのテーマで似たようなのがあったような。あと、時計アイコンが現在時刻を指すとかもJB界ではかなり昔からありましたね。
  • コントロールセンターもまたJBしていたころを想い起こさせます。ただ、コントロールセンターがロック画面から触れるのでは盗まれたときに機内モードにされて「iPhoneを探す」機能が切られてしまう可能性も指摘されていました。実はコントロールセンターって、ちょっとAssistiveTouchに似ているところもあって、どうせならAssistiveTouchの機能にもアクセスできればな、と思ったり。コントロールセンターからアクセス可能な機能をもう少し増やしてもらって、何の機能をおくか、もうちょっと選択の余地があると良いんですけれどね。
  • そうそう、新しいフォルダは微妙ですね。上下の空間が無駄に空いているのに横にスワイプしなきゃいけないとか。まあそれがアプリの墓場ならそれでいいかもしれませんが…
  • とりあえず初日ですが、全体として、最初思っていたほどの違和感はないかな、という感想です。

ポッドキャストをミュージックアプリで再生する

Apple純正Podcastアプリは、再生中のオープンリールのエフェクトがなかなか良い(再生位置でテープの残量が変化するよ!)と思いますが、どうも使い勝手が良くないように思います。最近ようやく母艦の iTunesライブラリと再生状態が同期できるようになったようですが、ミュージックアプリで再生していたときは見ることができた、ポッドキャストの説明文が読めない(ですよね?)のも残念。プレイリストの曲名が説明の中に書いていることはよくありますから。しかも、iOS6では、Podcastをインストールすると、ミュージックアプリから「ポッドキャスト」の項目が消えてしまって、ミュージックアプリからポッドキャストにアクセスできなくなってしまうんですよね。何とこれは驚いた!
そこで小ネタ。Ecoute というアプリ(有料です。ご紹介はこちら)を入れると、実はポッドキャストをミュージックアプリで再生することができて、ポッドキャストの説明文も読めるようです。つまり、Ecoute の中の Podcast の項目を選択して、そこから再生すると、実はミュージックアプリが選択したポッドキャストを再生し始めるので、あらためてミュージックアプリを開くと、再生中の曲として、再生中のポッドキャストが現れるんですね!
Ecoute 、いいこと!

iPhone構成ユーティリティで各種設定へのショートカットを作る (追記あり)

[2012/03/09 追記]
iOS5.1 ではURLスキーマから設定にアクセスすることができなくなっています。残念…

iOS5でURLスキーマとやらを利用して、Webクリップとして各種設定へのショートカットをホーム画面に置けるようになったのは既報のとおりで、”iOS5 URLスキーマ”のキーワードで検索してみるとたくさんの記事が出てきます。

多くの記事では、ショートカット作成のために有料アプリを使っていたり、あるいはウェブサービスを利用していたりするわけですが、はっきり言ってショートカットをホーム画面に置くくらいならいちいちアプリを使わなくたってタダでできます。(何やらはじめからそうなっているiPhoneも販売されているとかいないとか…)
何よりショートカットのアイコンを自分の好みのものにカスタマイズしたい、ということもあるので、ここは、iPhone構成ユーティリティで構成プロファイルをインストールしてみることにしました。

この件では、ちょうどiOS 5設定画面へのショートカットをPC/Macからまとめて作成する方法 – aquappleに詳しい説明があります。
ちなみに、iPhone構成ユーティリティのダウンロードは、こちら(for Mac), (for Windows) です。

aquappleさんの記事で設定項目の詳しい説明があるので、私が繰り返す必要はないようなものですが、新規構成プロファイルを作成する場合は、「一般」の項目で、きちんと構成プロファイルの情報を入力しないと、「無効なプロファイル」とか言われてインストールできません。また「一般」>「セキュリティ」のところで「しない」を選択すると構成ユーティリティ経由でないとプロファイルを削除できなくなります。
また、”prefs:root=HOGEHOGE” という形のURLを構成ユーティリティは不正なURLとして認識するらしく、赤い矢印の警告が出たままになりますが、これは無視して下さい。

構成プロファイルの必要な設定項目を入力してから、iPhone構成ユーティリティを起動したままiPhoneをつなぐと、デバイスが認識されますから、デバイスを選択して「構成ユーティリティ」のタブを見るとさきほど作成した構成プロファイルが表示されているはず。あとは「インストール」ボタンを押して、iPhoneの画面上で指示通りにインストールするだけです。

あとは小技として、aquappleさんでも言われているようにショートカットのアイコンをまとめてフォルダに入れてドックなりホームの第一画面なりに置くとアクセスしやすくなって、脱獄者の必須アイテムであるSBSettingsっぽくなります。ちなみに、私が使用したアイコンは、Max Themesで配布されている、Serious SBSettings HD を使用。URLスキーマのまとめは、元記事にも引用されているこちらのまとめ(google doc)がすごい詳しい。

Readability.com が良い

Readability については1年くらい前にご紹介したのですが、今年になってからドメインを readability.com に移転し、内容も大幅にアップデート。iOSその他のモバイルからの見やすさが格段に向上しています。
Safari, Chrome, Firefox 用のアドオン(機能拡張)が配布されている他、iOS のSafariでも使えるBookmarklet もあります。Safari の機能拡張をインストールすると、ツールバーに “Read Now” “Save” 用のアイコンが表示される他、右クリックのコンテキスト・メニューに “Read with Readability”, “Save for Later” のメニューが追加されます。もっとも、「後で読む」機能は、月間$5以上の任意の金額でサイン・アップしないと使えません。登録するとオフラインで表示とかもできるようになるらしいのですが、Bookmarklet を使えばオンラインならiOSのSafariから現在見ているページをReadability.comで開き直すことができるようになりますから、それなりに無料のままでも使えます。私も登録するかどうか、かなり迷ったのですが、Instapaper もあるし、じつは「後で読む」ボタンを押して後で読んだ試しがほとんどないということもあるので、まだ登録はしていません。

↑こんな感じに見えます。

↑ちょん、とページ上をタップすると下にボタンが現れ、スタイル変更や共有のメニューが出てきます。

↑スタイル変更画面。文字の拡縮やマージン調節、テーマ変更。テーマは4種類用意されているようです。

共有は、メール送信、Facebook, Twitter 。
Reeder や Echofon など、Readability のサービスをサポートするアプリもぼちぼち出てきています。
実は iOS 用のアプリも準備しているらしいのですが、リジェクトされて再申請しているとか。AppStore の外で課金するあたりが気に入られなかったらしい。再申請からもう1ヶ月以上経過しているけど、続報はないようだ。ううむ。。。

アルバム付属のデジタル・ブックレットを同期する


さて,世紀の記者会見を今晩に控えておりますが,なんだかまるで関係ないので今晩は暑苦しくさえなければよく眠れそうです。
それにしてもさっきからひどく悩んでいたのは,iTSでときどきアルバムのオマケとして付いてくるデジタル・ブックレットがどうしてもiTunesでブック・カテゴリーに表示されないので,iTunes経由で同期できなかったのです。何でだよ?せっかくiBooksがPDFも扱えるようになったのに,意味ないじゃないですかっ。
で,ふとしたきっかけで,当のデジタル・ブックレットの情報を覗いて見たら,なんと,メディアの種類が「ミュージック」になっているではないですか!これでは同期できないわけです。
ということで,右クリックメニュー>「情報を見る」(またはCmd+I)>オプション>「メディアの種類」で,手作業でメディアの種類を「ブック」に変更したら,問題が無事解決しました。

てゆーかさ,メディアの種類くらい自動認識できそーなものですがねっ!

3GSでiOS 4


iOS 4 は日本時間22日未明ころに降臨した模様ですが、ちょっと様子見して、さほど重大な障害情報が見当たらなかったので(但し、アップデートしながら情報をチェックしていたら、Exchangeの設定でGmailアカウントを使用していると、オートロックの設定ができなくなる、という情報も)昨晩エイヤッと入れてみました。

  • 早くなったとか遅くなったとか一概には言えないと思いますが、アップデート後、やや画面のスクロールにひっかかりが出てきた気もします。もっとも初代touchをJBして壁紙変えていた頃に比べると、これくらいはちょろいもんです。
  • メールが良くなったのは評価します。しかしできればもう一声、署名はアカウントごとに設定できるようにして欲しかった。
  • iPodアプリで、Podcast の説明が読めるようになりました。これでようやくiPodらしくなってきた。でも実はリアルiPodの方がシャッフル再生を曲ごとにするかアルバムごとにするか選択できたりしますから、まだまだ音楽再生だけなら決してiPhoneには負けてないと思いますね。
  • Retina Display との絡みがあるのか、いままで同期していた写真は一から同期し直さないととてもじゃないけれど正視に堪えない無残な姿に変貌してしてしまいます。気を取り直して写真の同期をやり直しましょう。同期し直すと拡大してもかなり綺麗に見えるようになります。
  • フォルダ機能は、ある意味アプリの墓場のような気もします。一度入れてしまったらもう二度と起動されなくなっちゃうかも。
  • 壁紙を設定してみて、今まで黒背景で押し通してきたAppleさんの気持ちがはじめて分かった。うるさい画像は著しくアイコンの視認性を損ないますね。ホームの壁紙とフォルダの使い方で、なんとなく使い手のセンスや性格までわかるんじゃないでしょうか。そのうちiPhone占いとかiPhone相性判断とか手相の代わりになる時代が来ますよ。視認性を犠牲にしない、という意味では、「[珈] iPhone のホーム画面をパックマンっぽくしてみた」で紹介されている壁紙みたいなのが良い。あとは、棚系(たとえば、iPhone4 iPhone 3Gs|iOS4 専用ホーム画面壁紙 13HitoriGo2あたり)とか。
  • メモアプリにアカウント概念が現われたり、Gmailと同期できたりするようになったけれど、肝心のiPadがまだそういう機能がないのが痛い。早くiPadもアップデートして欲しい。

入れてみてまだ半日程度なのでまだ手探り状態ですが、3GSがやや重くなるとしてもそれを埋め合わせる程度の新機能はあるのかな、と思います。そういうことでiPhone 4は買いません。4Sになってから考えます。