タグ : iPhone

バックパネル考

さて、4Sにしてからほぼ3週間経ちました。

4Sの音の良さは特筆すべきですね。無音になるべきところがちゃんと無音になるし、イヤフォンの抜き差しで雑音が出ることもなくなりました。
しかしつるつる平面ガラスの持ちづらさも、悪い意味で特筆に値すると言えます。たしかにガラスは工芸品のようにきれいですけど。なにせ片手持ちのまま画面のはじっこをタップしようと持ち手の角度を変えると落っこちそうになって、これは怖い。似たようなつるつる素材でも、平面と曲面ではこうも持ちやすさが違うものなんですね。
というわけで、持ち歩きの基本形はドックコネクタにカラビナを装着してネックストラップでぶら下げています。ネックストラップとイヤフォンコードが絡まるのが嫌なので、青歯レシーバも使うようになりました(せっかく音が良くなったのにね…)。
このつるつる対策のために、いっそのことバックパネルを交換しちゃったらどうだろう、などと思案中。世の中には、交換用の木製バックパネルがあるらしい。MaterialSix というのが4の頃からあってちょっと調べてみたところそんなに評価は悪くないような感じ。あとは、Wood iPhone back panels by Monolith では$55で2月に発売予定とのこと。こちら( Flickr: madebymonolith.com’s Photostream )の写真にもそそられます。しかし板が割れたりひびがはいったりしないのか、という疑問もあるので、やっぱり普通に木製ケースがいいのか、とも思ったり。ううむ。。悩みます。

広告

iPhone 4S に乗り換えた

今さらながらですが、2年間の祖父バンクへの年季が明けたので晴れてMNPしてあーうーの4Sに乗り換えました。単体でのランニングコストとしては祖父版の方がややお安い、らしいのですが、家族が昔からのあーうーユーザで乗り換えたがらないため、こちらの方がMNPした、というような話。期間限定でiPhone のMNP一括払いで15,750円値引き、なるキャンペーンをやってました。

機種は白の32GB。iPhone以前も含めて今までビジネスっぽい黒やグレーを選ぶことが多かったわけですが、この際気分一新で白にしてみました。前世代のiPhoneでは長い間幻の色だったわけですし。

ケース類としては、昨年の4S販売開始直後に仕入れていた、Deff 社の CLEAVE ALUMINUM BUMPER をとりあえず装着。4S発表前の製品なので、うまく装着できるかどうか若干心配はありましたが、販売元のホームページで説明されているとおりに装着すると、スイッチ類も問題なくハマりました。最初は電源ボタンをつけわすれたりしましたが…(ちなみに、この電源ボタンは、バンパー面との高低差が少ないので誤動作防止には良いけれど押しにくいのも事実。ホームボタンでもスリープ解除はできますけどね)。保護フィルム類は、今のところつけておりません。多少の傷は、ヴィンテージ・ジーンズのような風合いみたいなものですし(こんな冗談みたいな注意書きを覚えている人はもう少ないでしょうか?)。3GSの時も最初こそいくつかケースをつけましたが、若干傷がついてからはむしろ丸裸運用でありました。

お持ち帰りの後、旧機種をいったんバックアップしてから、復元してみると、ほぼ前の環境が戻るのはさすがで、キャリアの壁を感じさせません。メッセージには祖父版から届いたキャッシュバックキャンペーン等の広告SMSも残っていたりしてご愛嬌。ちなみに窓口ではiMassage、Facetimeは近日対応予定、他社との絵文字の互換性改善は一月中の予定、との説明がありました(すでにwebで告知されていますが)。

Retina Display の美しさはあちこちで言われていることで改めて言うまでもないのですが、美しさが際立つのは、何といっても文字フォントですよね。いくら解像度を高くしても文字が美しくなくては綺麗な表示には見えないわけで、そのあたり、Mac OSの伝統とも言うべき端正な文字表示はさすが。3GSから比べて動作が早いのは当然のことですが、早いというよりはむしろぬるぬる感が増したという感じ。その点、あのコテコテした画面遷移アニメーションは遅い機種で待ちの感覚を和らげるのに役立っていたことが、機種変してみてよくわかりました。その他、もう少し触ってみて感想があれば随時つぶやくことにします。

iPhone構成ユーティリティで各種設定へのショートカットを作る (追記あり)

[2012/03/09 追記]
iOS5.1 ではURLスキーマから設定にアクセスすることができなくなっています。残念…

iOS5でURLスキーマとやらを利用して、Webクリップとして各種設定へのショートカットをホーム画面に置けるようになったのは既報のとおりで、”iOS5 URLスキーマ”のキーワードで検索してみるとたくさんの記事が出てきます。

多くの記事では、ショートカット作成のために有料アプリを使っていたり、あるいはウェブサービスを利用していたりするわけですが、はっきり言ってショートカットをホーム画面に置くくらいならいちいちアプリを使わなくたってタダでできます。(何やらはじめからそうなっているiPhoneも販売されているとかいないとか…)
何よりショートカットのアイコンを自分の好みのものにカスタマイズしたい、ということもあるので、ここは、iPhone構成ユーティリティで構成プロファイルをインストールしてみることにしました。

この件では、ちょうどiOS 5設定画面へのショートカットをPC/Macからまとめて作成する方法 – aquappleに詳しい説明があります。
ちなみに、iPhone構成ユーティリティのダウンロードは、こちら(for Mac), (for Windows) です。

aquappleさんの記事で設定項目の詳しい説明があるので、私が繰り返す必要はないようなものですが、新規構成プロファイルを作成する場合は、「一般」の項目で、きちんと構成プロファイルの情報を入力しないと、「無効なプロファイル」とか言われてインストールできません。また「一般」>「セキュリティ」のところで「しない」を選択すると構成ユーティリティ経由でないとプロファイルを削除できなくなります。
また、”prefs:root=HOGEHOGE” という形のURLを構成ユーティリティは不正なURLとして認識するらしく、赤い矢印の警告が出たままになりますが、これは無視して下さい。

構成プロファイルの必要な設定項目を入力してから、iPhone構成ユーティリティを起動したままiPhoneをつなぐと、デバイスが認識されますから、デバイスを選択して「構成ユーティリティ」のタブを見るとさきほど作成した構成プロファイルが表示されているはず。あとは「インストール」ボタンを押して、iPhoneの画面上で指示通りにインストールするだけです。

あとは小技として、aquappleさんでも言われているようにショートカットのアイコンをまとめてフォルダに入れてドックなりホームの第一画面なりに置くとアクセスしやすくなって、脱獄者の必須アイテムであるSBSettingsっぽくなります。ちなみに、私が使用したアイコンは、Max Themesで配布されている、Serious SBSettings HD を使用。URLスキーマのまとめは、元記事にも引用されているこちらのまとめ(google doc)がすごい詳しい。

iOS5を3GSに乗せてみた

さて、周回遅れで3GSをiOS5にアップデートしてみました。
iOS5の公開当時はかなり回線が混んでアップデートは大変だったようですが、1週間ほど間を空けたためか特にトラブルもなく機器のアップデートそのものは大変スムーズに行われました。
ただひとつ、バックアップの復号のためのパスワードを忘れてしまいまして。キーチェーンに入れるチェックを忘れていたらしく、キーチェーン項目の中にも見当たらない。やむを得ず、新しい電話として全て最初からセットアップするはめに。これはこれで掃除になるし悪いことではないのでしょうが、iPhoneの中に入ったままで母艦に入れていない写真も若干あったのですよね。。ううう。。

iOS5にしてみての若干の感想をば。

  • 3GSに乗せてみても、予想していたほどに重くはなりませんでした。これはバックアップから復元せずに新しくセットアップし直してアプリもたった27個まで減らしたせいもあるのでしょう。日本語入力・変換がたまにもっさりするかな、ということとホーム画面をフリックするときなど若干ひっかかるときもあるようですが、不快な感じはうけません。
  • 日本語入力まわりのこまごまとした変更(フリックのみモードの追加、変換候補表示位置の変更、かなテンキーから一発で数字・記号テンキーへ飛べるようになった、などなど)は、どれも地味に便利になっていて、好印象。変換候補の表示位置の変更で、入力画面が狭くなったことについては意見もあるようですが、片手で持ちながらの入力でも指が届くようになったので、ずいぶん使いやすくなりました。
  • 通知センターもなかなかよい。いちいちカレンダーを開かなくてもどこからでも直近の予定・メールなどが確認できるようになって、より仕事向きになったように思います。JBしなくても降水確率や温度・湿度くらいなら情報をプッシュしてくるアプリを使って表示させられるようですね。> [iOS 5] 通知センターで「一週間の天気」と「降水確率」をさくっと確認! | ラクイシロク 本当は、ここから青歯やWi-Fiのオンオフくらいできれば申し分ないのですが、アップルはそこまでやる気はないでしょうねえ…
  • 3GSでもカメラの起動は速くなったように思います。一時期反応の悪かったホームのダブルクリックも調子よくなったので、ロック画面からダブルクリックで写真撮影も試してみましたが、3GSでもだいぶスムーズに写真が撮れるようになりました。ただ、ズームの方法がいままでと変わって、撮影画面をピンチしないとズームバーが現れないので、てっきりズームがなくなっちゃったかと思いましたよ。
  • アップデートした後の電池の減りは心配でしたが、位置情報サービスの「システムサービス」を全部切って、メールのプッシュも切って「30分おき」に設定して、画面輝度を3分の1くらいのところまで落としたら、かえって前より持ちが良くなりました。実はiCloudもまだ使ってません。

契約期間の都合もあるので、今年中は3GSとお付き合いする予定。3GSを持っている方を見かける機会も心なしか少なくなってきた気がしますが、まだまだiOS5でも行けそうです。新しい4Sも正直うらやましいですが、3GSの丸みを帯びた筐体はとても好きなので、いつも片手でスリスリしています。

深読み妄想2011.10.4

さて、前回のポストからあっという間に一ヶ月が過ぎて、au騒ぎも収まらないうちにもう正式プレス招待状が届く季節となりました。
というわけで、例によって当たらぬも八卦当たらぬも八卦の招待画像深読み、行ってみましょう!

  • 誰もが注目する “Let’s talk iPhone.”の文句が、ボイスコントロールの強化であろうことはまず当選確実。
  • しかしそれが日本のユーザにどれだけの恩恵を与えるのかどうか。英語でボイスコントロールできても日本語でできるとは限りませんからね。日本語は難しいですよ。
  • ただ、5日には日本でもプレス向け説明会が開かれるようですから、次期iPhoneの日本発売は、本家米国とそれほど間を置かないのではないでしょうか?auから出るかどうかはともかくとして。何と言っても前CEO/現会長はmasasonのお友達ですし、白い犬が日本でiPhone流布のために果たした功績はたしかにあると言っていいでしょうし、多少発売時期に差をつけて配慮してあげてもよいのじゃないでしょうかね。
  • そして誰もが気になる不在着信のバッジ。あるいはボイスメール?そこは当然 One more thing を期待したいところ。
  • なぜだか私が妙に気になるのはこの四つアイコンの画面。どこかで見たことが… そう、iPod nanoですよね。まあもちろんiPod nanoには地図もカレンダーも電話もないですけど。そこで大胆な妄想を言わせてもらえば、nanoにブルートゥースを乗せて、nanoからiPhoneをボイスコントロールできる、とかどうでしょう?いやもちろんそんなことはBTイヤーレシーバで十分だろと言われればそうかもしれませんが、BT経由と有線イヤフォンとでは、やっぱり音質の差はいかんともし難いと思うんですよね。実際私もBTレシーバ使わなくなりましたし。かと言ってiPhoneにイヤフォンぶっ刺して歩くとこれまた邪魔臭いし。イヤフォン経由してもiPhoneくんの音が良いといえるか微妙だし(え、iPodだって音が……以下略)

などと好き勝手に妄想を膨らませているイベント前の一週間が、私は大好きです。

Readability.com が良い

Readability については1年くらい前にご紹介したのですが、今年になってからドメインを readability.com に移転し、内容も大幅にアップデート。iOSその他のモバイルからの見やすさが格段に向上しています。
Safari, Chrome, Firefox 用のアドオン(機能拡張)が配布されている他、iOS のSafariでも使えるBookmarklet もあります。Safari の機能拡張をインストールすると、ツールバーに “Read Now” “Save” 用のアイコンが表示される他、右クリックのコンテキスト・メニューに “Read with Readability”, “Save for Later” のメニューが追加されます。もっとも、「後で読む」機能は、月間$5以上の任意の金額でサイン・アップしないと使えません。登録するとオフラインで表示とかもできるようになるらしいのですが、Bookmarklet を使えばオンラインならiOSのSafariから現在見ているページをReadability.comで開き直すことができるようになりますから、それなりに無料のままでも使えます。私も登録するかどうか、かなり迷ったのですが、Instapaper もあるし、じつは「後で読む」ボタンを押して後で読んだ試しがほとんどないということもあるので、まだ登録はしていません。

↑こんな感じに見えます。

↑ちょん、とページ上をタップすると下にボタンが現れ、スタイル変更や共有のメニューが出てきます。

↑スタイル変更画面。文字の拡縮やマージン調節、テーマ変更。テーマは4種類用意されているようです。

共有は、メール送信、Facebook, Twitter 。
Reeder や Echofon など、Readability のサービスをサポートするアプリもぼちぼち出てきています。
実は iOS 用のアプリも準備しているらしいのですが、リジェクトされて再申請しているとか。AppStore の外で課金するあたりが気に入られなかったらしい。再申請からもう1ヶ月以上経過しているけど、続報はないようだ。ううむ。。。

音の出口をどうするか

最近、通勤時の音楽再生をどうするか、でちょっと悩み中。
しばらく前まで使っていたのはソニエリの青歯ヘッドセット。MW600というやつです。予想していた以上に音は良いし、ケーブルが短くなるのはとても便利。まあ音量の上げ下げとかの操作性ははっきり言ってダメですし、ボタンの誤操作も多い造りなのはちょっと困りますけど。
しかし、この地震やなんかで通勤中にラジオも聞こうかと思って、nano 6GにMW600付属のイヤフォンを刺して使ってみたらこれがなかなか音が良くて、元に戻りたくなくなっちゃってしまったのですよ。ううむ、音楽専用iPodあなどりがたし。
しかし、音楽再生にiPhoneを使うとそれなりの楽しみ方もあって、たとえばSoundTrackingや他のSNS系アプリと連携するとかも楽しい。SoundTrackingとか、データベースに登録されている曲なら試聴も簡単にできますし。
音質を追求しつつSNSを楽しむなら、iPhoneに直接ケーブルを刺せばいいわけですけど、コードレスな世界を知ってしまうとこれもやはり戻れない。ああなんかぜいたくですか私?
この際、iPod nano に青歯付けて、AirPlayでローカルなiPodのライブラリもiPhoneのライブラリもアクセスできるようにしてくれないか、と思ったりするんですけど。。そーゆー無駄なことはやっぱりあり得ないよね。。などと今日はつらつら書き連ねてみるのでありました。