タグ : Google

Google Maps のWebクリップをフルスクリーンで(構成ユーティリティ版)

さて、物議を醸しているiOS6のマップなわけですが、モバイルで地図アプリは必須なわけですから、いつまでもグーグルマップに頼っていては、アップルとしてもいわばキン○マを握られたような状態。このレベルでマップを出した、というか出さざるを得なかったのは究極の選択だったのでしょう。

とは言え、東京湾を「北太平洋」と称してはばからないこの地図に依存するわけには行かないので、Google Maps へのショートカット(Web クリップ)をホーム画面に追加しました。しかし普通にSafariからWeb Clip を作成すると画面下部にツールバーが残ってただでさえ狭い4Sの画面が狭くなる。と思っていたら、実はフルスクリーン化するワザがあるらしい。

iOS6でGoogleMapsをフルスクリーン表示にしてみました – W&R : Jazzと読書の日々

おお、これはすばらしい!ありがとうございます。
しかし欲を言うとホーム上のアイコンをGoogle Maps のそれと同じにしたい。というわけで、ちょっとごにょごにょして Google Maps のソースから実物のアイコンを拾ってきて、iPhone構成ユーティリティを使って同じことをしてみました。
「ごにょごにょ」の中身をもうちょっと詳しく言うと、Mac の Safari で maps.google.co.jp を表示して、開発メニューからユーザエージェントを iPhone (もしくは iPod touch や iPad でも同じと思われますが)に変更、それからおもむろに開発メニューから「ページのリソースを表示」すると、Webインスペクタが開きますからその中を漁ってみた、という次第。
しかし生の画像の直リンクをつかうのもまずいでしょうから、ここは「 Jazzと読書の日々」さんのようなスマートな方法ではなく、iPhone構成ユーティリティで構成プロファイルを作成してiPhoneにメールしてプロファイルをインストールした、というようなお話であります。構成プロファイルの作成はそんな難しい話ではなく、↓のスクリーンショットのように、URLに https://maps.google.co.jp を指定し、「フルスクリーン」の欄にチェックを入れればおkです。

ところで、iOS6でも結局設定項目へ飛ぶURLスキームは塞がれたままのようですなぁ。セキュリティ上やむを得ないのかも知れませんが、ちょいと残念。

広告