タグ : Google Apps

Google AppsのカレンダーをiCalやiPhoneに読み込む

今回,Mac miniを導入したのを機会に,メインのカレンダーをGoogle Appsに移行してみました。今まではiCalのローカルデータをMobileMe経由で同期しつつ,Spanning Syncを利用してGoogle Appsに流していたのですが,ときどきイベントが重複してしまったり,同期が遅かったりして,いつかやろうと思っていたのです。
方法については,マイコミジャーナルのこちらの記事が非常に詳しいので,そちらを見ていただければよいと思いますが,まず大前提として,Google Appsの管理画面で「サービスの設定」→「モバイル」のところに行き,「Google Syncを有効にする」にチェックを入れておかなければなりません。(じつをいうと私はこれにハマりました。)
それから,もうひとつ,各所ではiPhoneでアカウントを設定する場合にドメイン名は空欄にしておくこと,と説明されているようですが,「Google Appsの仕様変更(?)によってExchangeでプッシュされない場合の対処方法」によると,ドメイン名にはGoogle Appsで使用しているドメイン名をいれなければならないらしい。もっとも私は空欄にして試したわけではないのでなんともいえません。まあドメイン名を入れて悪いはずはないので,とりあえず入れておくのが無難かな,と。
iCal側の設定については,mutaさんのこちらの記事が非常に詳しいです。ただし,私の環境ではローカルのデータをあらためてGoogle Apps側にアップする必要はなかった(これまでSpanning Sync経由でアップしたデータがあった)ので,いったんカレンダーを書き出す手間もなく,iCalの環境設定→アカウント→委任のパネルの下部の「編集ボタン」をクリックして「書き込みを許可」にチェックを入れることで,iCalからの編集も問題なくできています。
それにしても「委任」ってどうも分かりにくいし,iCalでカレンダーになぜか階層ができるのもよくわからない。サーバ上にデータがあるっていう趣旨なのかな。
それから,これはちょっと要注意ですが,サードパーティのカレンダーアプリでiCalのデータを参照するものがいくつかありますが,「委任」カレンダーのデータはそれらのアプリでは表示できないことがあるようです。