タグ : CD

傷だらけのCDを読み込む

130325-0001その昔、CDが出始めた頃にはデジタルデータを非接触方式で読み取るから劣化しないとか、テープみたいに絡まって再生不能にならないとかあたかも永遠に保存可能というような神話がありました。ところがどっこい、記録面に傷つきやすいの何のって。本来非接触なはずのピックアップが盤面をひっかいたような傷も時々見かけます。さらに自分で買ったわけでもないレンタルCDや図書館所蔵CDで激しい傷がついていることも。いや自分で買ってないからこそ大事に扱って欲しいものですが。
それはともかくとして、傷だらけのCDをリッピングするにはどうしたら良いものか思案してみました。

OS X であれば、CDの読み込みは標準で iTunes から行われます。iTunes で傷モノCDを読み込むなら、環境設定>一般>読み込み設定… で「オーディオCDの読み込み時にエラー訂正を使用する」のオプションにチェックを入れると良いらしい。だいたいそれで問題ないはず、とどこかに書いてあったような気もします。

ただ、iTunesでの読み込みは結果オーライなのかどうか、いまいちよくわからない。そこでぐぐって見たところ、X Lossress Decoder [X Lossless Decoder: Lossless audio decoder for Mac OS X ]というフリーソフトがあるらしい。サイトにはなかなかに専門的なことがたくさん書いてあってわからないことばかりなのですが、とにかくCDを入れてXLDを使ってリッピングするとこれまた専門的なよくわからないことがたくさん書いてあるログファイルを吐き出して表示してくれます。で、まあよくわからないけど、ログの中に

Statistics
Read error : 0
Jitter error (maybe fixed) : 0
Retry sector count : 0
Damaged sector count : 0

みたいに書いてあると何となく安心できる、そんな感じです。いくつか試してみて、傷のひどいときはエラーゼロ、とはいかないこともありましたが、それはそれで諦めもつくというわけです。

ところで、音楽CDを入れるとiTunesが起動するのがOS X のデフォルト動作ですが、これはiTunesの環境設定からではなくて、システム環境設定の、「CD と DVD 」から変更するんですね。実は今更知りました。

広告

iTunes のCDジャケットプリント機能で紙ジャケットを折る

さて、世はまさに獅子の黎明期なわけですが、相も変わらず時流に乗らずにおります。一応MBAに落とすだけは落としたのですがまだインストールしておりません。10.7.1か、7.2あたりでやって見たいと思います。

というわけで今日はCDジャケット制作。そんなことを仕事中に(以下略… A4用紙で紙ジャケを折る方法はぐぐるとすぐに見つかりますが、ひとまずネタフルさんの4年くらい前の記事経由で、”How to make a folded-paper CD case” という記事を参考にしましょう。

それだけではただのコピペなので、今日はiTunesのプリント機能でプリントしたCDジャケットで折ってみました。

まずはiTunes の編集メニュー>プリント… またはCTrl+Pでプリントダイアログを出して、お好きなテーマを選んで(と言ってもそんなにバラエティはありませんが)CDジャケットをプリントします。

でもって、さきほどの元記事の写真を見ながら折り進めるわけですが、iTunesでプリントアウトされたジャケットには、トンボがつくのでCDの幅に折ったり、中心をとるのが容易になるのがミソです。ひとつだけ、元記事ではやや分かりにくいのではないかと思いますが、ジャケットの表と裏の折り返し部分(元記事の説明6~7のあたり)は、CDを納める部分に三角の耳を折り込むようにします(やっぱり言葉で説明してもまるで分からないので、一応写真を撮ってみました↓)

完成するとこんな↓感じです。当然のように曲目とモザイクのアートワークが半分半分になるわけですが、まあそれもご愛嬌。今日はコピー用紙でしたのでいかにも柔な感じですが、しっかりした紙質の紙を選べばそれなりに良い出来になりそうです。