タグ : Apple

ライブラリに追加した曲を iOS 機に自動でダウンロードする

Apple Music 開始からはや半年。おかげさまで新譜もいままでになくチェックしているこの頃です。

ところで、出先ではストリーミング環境がないので、出がけに曲をダウンロードしておかないといけないのが微妙に手間がかかるんですよ。と、つい数日前まで私は思っていました。

しかし、実はスマートプレイリストをダウンロードしておくと、スマートプレイリストの中身が更新されるとプレイリスト内の曲は自動でダウンロードされるんですね。これは意外に便利。たとえば、☟のような条件で、Apple Music で未再生の曲だけを集めたプレイリストを作っておきます。

151221-0002

で、このプレイリスト全体を iPhone 上でダウンロードしておけば、新しく曲をライブラリに追加するたびに、自動でその曲がダウンロードされるようになります。

おお、これは意外に使える小ネタですね。

広告

iPod nano カラバリ変更

150716-0001噂通りにiPod touch がパワーアップ、ついでに nano と shuffle はカラーバリエーションが変更されました。

touch は128Gバージョンも追加され、カメラも強化したとのこと。とりあえず、iPod touch ファミリーは、iOS の走る入門機として土俵際で生き残った模様。

nano と shuffle は生き残ったと言えば生き残ったけれど、本当にカラバリ変更だけだったらしく、MUSIC の対応も見送られたようで。カラーもカラフルな色はブルーとピンクと(PRODUCT) RED だけ。以前のようなグリーンやオレンジ、パープルなんかはもう出さないんでしょうか。カラーバリエーションを全部並べてみても前のように美しくはないのがなんとも残念。UI も相変わらず IOS6 以前のスキューモーフィックなデザインのまま。MUSIC 対応もそうだけど、せめて中身のデザインも Apple Watch に似せるとかして欲しかったところ。まあ今頃は次の iOS と Watch OS の開発がいそがしいんでしょうけどね。。そろそろ Apple Watch の販売も落ちてきているとの話もあるようですし、この際、nano の中身をもっと Apple Watch に近づけたら、iPod ユーザがやがて大きくなったら Watch を購入する層に育つんではないでしょうかね。果たしてその頃にWatch とか iPod とかの製品ジャンルがまだ生き残っているのかどうか、 という問題はありますが。

 MUSICの時代にあえてiPodを復活させてみた

IMG_3261前回の投稿に続いてMusicの感想を。

  • iTunes Store の曲が全曲Music で提供されているわけではない(洋楽系でも今売れ筋のものは見つからないことも多い)のはもちろん、Musicでストリーミング可能であってもダウンロードできない曲もあるみたい。iTS で「アルバムのみ」となっている曲がダウンロードされてされてこないアルバムがあったりする一方、別にこだわりなく全曲落ちてくるアルバムもあるようです。そのあたりはおそらくレーベル(アーティスト)側のポリシーなのでしょう。
  • アーティスト側の対応も日々変わっているようで、たとえば、いつの間にか矢野顕子のアルバムがごっそりとMusicから消えていたりする。(なんと残念な…)
  • 結局、音楽提供側としては、全曲再生可能な試聴の場を提供しました、という立場のようで、DRMフリーで複数デバイスで聞きたいなら、やっぱりダウンロード販売のチャネルから買ってください、ということなんですね。
  • Musicとローカルライブラリの統合、とおっしゃるけど、DRMの件やダウンロード可能デバイスの縛りはもちろん、一つのデバイス上で再生した再生記録が他のデバイスに反映されたりしなかったりするような。おかげで、再生回数や再生日をキーにしたスマートプレイリストが、だんだんデバイスごとにばらばらの中身になってしまうのがどうもいただけない。
  • と、いうわけで、ローカルのライブラリ専用に、この際、iPod nano を復活させてみました。iPhone でMusicを利用する場合、iCloudミュージックライブラリをオンにしないとMusicからアルバムやプレイリストをダウンロードすることができないのですが、そうするとせっかくCDからロスレスでリッピングしたローカルファイルをiPhoneに同期させることができなくなっちゃうんですよね。ちょとそのあたりもやっとするので、この際iPhoneはMusic専用に割り切ることにしました。nanoの極小タッチディスプレイはお世辞にも使いやすいとは言えませんが、その代わり横の物理ボタンでほとんどの操作は可能ですし、ボタン長押しで曲名を言ってくれる機能もiOSにはないですから。
  • 欲を言えば、iPodをアップデートしてせめてMusicの曲を転送できるようにはしてほしいし、ラブもできるようにして欲しいところですが、やはりそうはならずにiPodファミリーは近い将来消えてゆくのでしょうか。。

Apple Music , iTunes 12.2 など

150702-0003果たして日本で始まるのかどうか、やきもきさせられましたが、何はともあれ 7/1 から日本でも無事サービス開始されたので、早速夜中に iOS を OTA でアップデートしていじくってみました。

  • なんと、アイコンがあまちゃん!
  • あまり興味がないのでよく調べていませんが、どうやら邦楽の登録はかなり少ないようで、iTS と日本音楽業界との微妙な距離感を感じずにはいられません。
  • それに比べて、洋楽勢が充実しているので、洋楽大好きおじさんにはたまりません。あのアルバムもあのアーティストもと検索していると時間を忘れそうです。
  • ローカルにもダウンロードできますが、再生すると自動的に消えてなくなるらしい。ダウンロードされた曲は、Apple Music というフォルダに、.m4p形式でDRM付ファイルとして保存されています。ダウンロード先のデバイスと紐付けされるらしく、他のデバイスでダウンロードした曲を別のデバイスに同時にダウンロードして保存することはできません。それをしたかったら、iTS で買ってね、ということらしいですね。もしかしたらファミリーコースではダウンロードできるデバイス数が増えるのかな?
  • 実際に Music が始まるまでは、先行してサービスが提供されている、iTunes Match との関係がよく理解できなかったのですが、どうやら、iTunes Match は iTS で販売取り扱いのない曲を iCloud 経由でストリーミング可能にするサービスとして今後も残るらしい。それなら iTunes Mismatch でしょ! 冗談はともかく、マッチしない曲をたくさん保有する我が身として、iTunes Match も続けなければならないかな、という気がしています。
  • iPhone で外出時に4G通信経由で使うのはさすがにためらわれますが、お出かけ前にダウンロードしておく手間さえ厭わなければ、いろんな曲と出会うための良いチャンスになりそう。

というわけで、あまちゃんアイコンだとか、アプリ自体の不安定さ、一部でアートワークを勝手に変えちゃうとか無視できないマイナス要素もありますが、総じてまずまずのサービスではないでしょうか。で、3ヶ月お試し期間後の自動更新をオフにする記事がひどく人気なようですが、みんな無料期間が過ぎたらやめちゃんですか?ちょっとそれは個人的には信じられないな、と。iTunes Match を含めても年間 CD 5~8枚ぐらいの値段で済むわけですから、洋楽好きなリスナーなら元は取れると思いましたです。

Wish we could say more…

140903-0001一週間前なのでそろそろひとこと。いわゆるウェラブル・デバイスが出るとか出ないとか様々な噂が出ているようですが、この招待状を見ればそれはもう書いてあるような気がするのですがね。つまり、日付が大きく書いてあって、その下に “Wish we could say more. ” とあるわけですが、「日付」のほかにもっと言いたいことがあるとしたらつまりそれは「時刻」でしょって。

iTunes Match その後

突然のサービス開始からマッチ完了まで数日かかったわけですが、ようやく前回の記事の翌日ころにはマッチしなかった曲のアップロードも完了した模様。
せっかくお金も払っているわけですし、まずはここらで前に購入した曲でDRM付きのm4pファイルのままになっている曲を改めて落としなおしてみることに。これはスマートプレイリストで条件に「種類」を指定して「保護された」を含む曲を集めると出てきます。
140510-0001
↑ 私が作ったスマートプレイリストはこんな感じですね。
あとは、マッチした曲からさらにビットレートの低い曲を集めるとこれも置き換え対象というわけですが、まだここはプレイリストだけ作って置き換え作業はほとんどやってません。
140510-0002
↑ 低ビットレートの曲を集めたプレイリストはこんな感じでしょうか。
さて、何と言っても iTunes Match の売りはどこからでも自分のライブラリにアクセスできる、ということなので、あまり使用していない初代 iPad や普段持ち歩く iPhone なども試しに Matchをオンにしてみました。そう、オンにしてみました、が。。よくわからないのですが、どうもスマートプレイリストの一部の条件がデバイスごとに違って判断されているらしく、複数デバイス間でスマートプレイリストの中身がそれぞれ結構違うんですね。あと、再生回数・再生日時もどの時点で iCloud に行くのかちょっとよくわからない。昨日の夜に聞いた曲の再生日時は今日の昼には母艦 Mac mini に反映されていましたが、 今日の午前から昼までの間にiPhoneで再生した曲の再生日時・回数はまだ母艦には反映されていないようでした。
スマートプレイリストをどう扱うかについてはいろいろな考え方はあるでしょうが、iTunes Match が一人一ライブラリというものであるなら、スマートプレイリストもデバイスごとというよりはライブラリ全体を通じて条件付けされて、どのデバイスでも中身の曲が同期されるようにすべきではないかな、と思います。つまりライブラリ全体が iCloud経由でどこからでもアクセス可能だとしても、どこかに一つ、メインのライブラリが決められているべきなのではないかな、と。
というような感想をもったので、家用に初代iPadのみMatchをオンにすることにして、外に持ち歩く iPhone はひとまず Match はオフにしておきました。

iTunes Match

140502-0002朝目覚めたら突然そこに出現していた iTunes Match 。それがどんなものであったのかもはや忘れるところでしたよ。
きわめて大雑把に言うと、iTSで購入した曲以外のライブラリ内の楽曲も、iTSで販売されている曲なら、iTS配信されている音源をもとに複数デバイスから再生でき、iTSで扱いのない曲はアップロードされてクラウド経由で別のデバイスで再生できる、みたいな理解でいいんでしょうかね。

私の場合は、かれこれ10年くらい前にmp3でリッピングして、円盤が手元から無くなってしまった曲もあって、いまどきハイレゾとまでは行かなくともせめてもう少し高音質なデータがあればなあ、という曲も多いので、早速人柱ってみました。しかし逆に良い環境でCDクオリティのリッピングデータをお持ちだったり、iTSでの購入曲がライブラリのほとんどを占めるという方にはメリットは少ないんじゃないでしょうか。

と、いうわけで今朝から延々続けてこんな感じ。メインライブラリのある愛機が非力な Core 2 Duo Mac mini なためなのか、はたまたiTSお取り扱い以外の楽曲が多数を占めているためなのか、ライブラリの解析も父として母としていっこうに進む気配がなく、それだけで300時間くらいかかりそうな勢い。それで課金は今日が始まりなんですかね?まあそうなんでしょうね。。