タグ : Alfred

AlfredTweet

名は体を示す、というわけでその名の通り、Alfred から Twitter を使うための Alfred Extension です。以前にも、Alfred からTwitter に投稿するというエントリーで、Alfred から直接ツイートする方法に触れたことはありますが、前に書いた方法では、ときどき投稿に失敗することがありましたし、使えるようにするために、console_tweet というものを事前に準備しなければならなかったり、初心者にはやや敷居が高かったのですが、こちらは、元記事にリンクされている、AlfredTweet.alfredextension(拡張子が長すぎ!)を落としてきてインストールすればあら不思議、後は簡単。Alfred を呼び出して、”tw setup”と打ち込んでエンターキーを押すと、twitter.com の認証画面が開きますからユーザネーム、パスワードを入れるとPINコードが表示されます。このPINコードを書き留めておいてもう一度 Alfred に戻って、今度は “tw pin ほげほげ” とPINコードを入れるともう一度 twitter.com からアプリ連携を認めるかどうか聞かれるという、他のツイッターアプリと同じ流れになるわけです。
キーワードの “tw” に続けて自分のツイートを打ち込んで投稿するほか、”tw tweets”とすると直近5個のツイートを拾ってきて、Growl経由で表示してくれたり、”tw block ” でブロックまでできちゃいます。
有料の Alfred Powerpack が必須なほか、Growl (最近有料化しましたね…無料の旧バージョンでも問題はないようですが)も必要。Growl は、設定で表示行数を制限しているとツイートなどが全部表示されないことがありますのでご注意。

参考:AlfredTweet

広告

Alfred から killall Dock

Dashboard Widget が固まったとか、あるいは設定をごにょごにょカスタマイズして反映させたいとか、Dockを再起動させたいという欲求は生理的欲求のように常につきまとって止まない、という方はいらっしゃると思います。ちょっと調べてみると、AppleScriptで保存しておくとか、Automator を利用してワークフロー化しておくという記事をいくつか見かけます。

しかし、AppleScriptもAutomatorもちょっと処理がもたつく感じ。まあそれでも別に構わないのですが、ためしにAlfred.appのExtensionを作ってみました。(※ 要PowerPack:有料)

作り方は簡単。

まず、AlfredのPreference>ExtensionからExtensionの作成画面を開き、”Shell Script”を選択。

そうするとこんな風にExtensionのタイトルと作成者情報の入力を求められるので、タイトルは適当に”killall Dock”とか付けておきましょう。作成者情報は任意のようです。

さらに次の画面でExtensionで実行するコマンドを含めて詳細な情報の入力を求められます。Title, Description はまあ適当でいいんじゃないかと。keywordはAlfredで検索する時のキーワードとなるので、分かりやすいように、ここでは”killdock”としておきました。Command欄はもちろん、”killall Dock”と入力して、Saveボタンを押して保存しておきます。

と、これだけです。

一応ご参考までに、Extensionファイルをこちらにアップしておきます。Alfred がインストールされていればダブルクリックでExtensionがインストールされるはずです。

Alfred からTwitter に投稿する

キーボードランチャーは、老舗のQuickSilverもqsapp.comにねぐらを移して地道に生き長らえているようですが、QSよりはいくらかとっつきやすい感じのする、Alfredもなかなか人気があるようです。
Alfred最新版は、スクリプト実行などのエクステンションを簡単に追加できるようになりました(要 PowerPack)。とりあえず、AlfredからTwitterに投稿するためのExtensionが公開されていたので、試してみました。

元ネタは、Abnormalities, How to tweet from @AlfredApp 0.9.9から。

  1. まず、上の元記事の中の “install this one” というところに直リンクされている、Alfred用の拡張機能ファイル、Twitter.alfredextensionを落としてダブルクリックして、Alfredに登録します。
  2. ただし、これは、console_tweet なるものをインストールしていないと動作しません。元記事によれば、Xcodeがインストールされてなければ、GCCなるもののインストーラ・パッケージを落としてきてインストールしてからおもむろにターミナルを立ち上げて、”sudo gem install console_tweet “と呪文を打ち込め、とのこと。GCCのインストーラ・パッケージのありかは、元記事にリンクが貼ってあるので、環境に応じて間違いのないように。
  3. console_tweet を入れたら、さらに “twitter setup ” とターミナルに呪文を打ち込むとターミナルがapi.twitter.comの認証用URLを表示するのでそのURLを慎重にコピーしてブラウザーでアクセスします。その画面でTwitterのユーザネーム、パスワードを入力するとtwitterからPINコードと呼ばれる呪文が発行されるので、これをターミナルに打ち込みます。
  4. で、完成するはず。

Alfredから、”tweet”とキーワードを打ち込めば機能が呼び出されます。console_tweet を通じて、バックグラウンドで動作するので、専用のクライアントが起動していなくてもつぶやけるのが快適。とにかく、四六時中なにかつぶやきたくてたまらん、というつぶやき中毒の皆様は、ぜひ。