タグ : ことえり

ことえりを使ってみる

Bam5ktZCEAAokIa長らくお世話になってきた、かわせみがバージョンアップしました。旧バージョンが2009年の公開といいますから、もう4年もおつきあいしてきた訳です。軽快な動作を売り物にするだけあって、おおむね満足はしていましたが、ここで素直にバージョンアップする前に、ことえりをまじめに使ってみようかな、と思い立ちました。よく考えてみれば、かわせみの前は、ことえりではなくて、egbridge 2 のユーザでしたので、実はこの6,7年というもの、ことえりに触ったことはほとんどなかったのですね。昔はことえり、というとおバカな変換の代名詞だったようですが、普通の言葉を普通に打ち込む分にはあまりひどい変換はない様子。ただあれこれオマケで変換辞書が付いてくる訳ではないので、その辺りはあちこちから探してくる必要があります。とりあえず導入したのは郵便番号辞書と、英数文字を半角で打つためのパッチ。

  • 郵便番号辞書 テキスト版 : たくさんありそうで実はことえり向けの郵便番号辞書として現在頻繁に更新されて公開されているのは、ここくらいしかなさそうな。でもって、ここの説明書がいまだに 0S 9 向けだったりするのですね。OS X からのユーザである私としてはちょっと辞書の導入に戸惑いましたが、ことえりのメニューから「単語登録/辞書編集」を選択して単語登録ツールを起動、辞書メニューで新規辞書を作成しておいてから、「辞書>テキストや辞書から取り込む…」で落としたテキストファイルを選択して読み込みを実行、ということらしい。実は最初わからなかったのですが、「新し物好きのダウンロード」さんのサイトに何気に張ってあるスクリーンショットからようやくそれが判明した次第。ちなみに、落としたファイルは読みの数字が全角数字になっているので、そのまま辞書に落とし込むと半角で郵便番号を打っても変換してくれません。なので、後に書く半角英数専用パッチと併用するには、テキストファイル内の数字を全部半角に変換する必要があります。これはいろいろなやりかたがあるでしょうが、ここでは CotEditor にご出演いただきました。
  • がんちゃんのブログ: ことえりで普通の文字を入力するkenicパッチのインストーラーをリリース : 「普通の文字」というのがなかなかいい表現ですね。文章を読んでいて(打っていて)全角英数字と半角英数字が無意味に混ざるときほどイライラするものはないですから。もちろん「全角で」とかわけのわからない指定を受けたときにも、変換候補にはちゃんと出てきますから大丈夫!がんちゃんさん、ありがとう!!
広告