FastFinga

090630-0001混戦模様の手書きメモアプリジャンルの新顔,Fastfinga。無料のうちにレビューを上げたかったのですがあれよあれよという間に無料セールス期間は終了。それでも¥115ですから安いと思います。
作者さんはやはり手書きメモジャンルの雄である Tanzaku の開発元でもあるようで,この2つがどういう棲み分けをするのか,と思っていましたが,どちらかというと Tanzaku の方がフォルダで整理したり,チェックボックスやドロー画像を挿入したり,FastFinga に比べると多機能。一方の FastFinga はとにもかくにも「書く」ことに集中したアプリと言っていいのかな?まあ細かいことは開発元のデモビデオでどうぞ。
App Store でのレビューも今のところ概ね好感をもったレビューが多くて,予想外にこきおろされていた Tanzaku とは対照的なのが興味深いところ。(でも,すぐに有料化したからこれからどうなるか?)それにしても似たようなアプリなのにこうもレビューの内容が違うのは, FastFinga の App Store での説明文が全て英文のみになっていることと何か関係があるのだろうか,などと思ってしまう今日この頃。 日本語説明文が出ました。

  • FastFinga
  • 広告

    JD Reflect

    どこで見たのか忘れたのですが,ちょっと気になっていた万華鏡系アプリ,JD Reflect Link to App Store 。写真も使えないし自動的にうにうにするわけでもない,機能的にはちょっと寂しいくらいですが,クリエイターになったような気分にさせてくれる不思議なアプリ。
    ref1
    起動後の万華鏡画面。画面をタップして現れる右上部の鉛筆アイコンから新規作成スタート。
    ref2
    新規作成は,6つのフォームと10のカラーセットからお好みのものを選ぶだけ。
    ref3
    選択の後に “Done” で白いキャンバスが現れ,適当に指で画面をなぞるだけでそれっぽい雰囲気に。元絵ができたら再び “Done” で万華鏡モード突入。指でフリックでも良いし,機体を揺り動かしても絵が揺れます。

    ref4
    普通の万華鏡表示だけではなく,画面ダブルタップでこんな表示にも。

    その時その時の刹那を楽しむという意味合いなのか,一度作った元絵を保存することはできません(今のところ)が。瞬間の画像をカメラロールに取り込むことはできるようです。
    これで ¥350, 高いか安いかはご判断にお任せしますが,私としては結構満足しとります。
    ちなみに,開発元サイトにデモビデオがあります。

  • Reflect
  • いきなり引っ越し

    世は3GS 祭りの真っ最中でありますが,それはともかく,いきなり引っ越しを敢行してみます。やっぱり wordpress のテンプレートはカッコいいのが多いですからね。
    裸一貫いちから出直し J.S. Mach 2世。付き合ってみようという奇特な方はヨロシク。