カテゴリー : Uncategorized

iOS9.3 とMDR EX750BT

e38395e382a1e382a4e383ab202016-03-31201520172051 music が始まってしばらくの間、iPhone と iPod 2台持ちで暮らしていましたが、iOS 9.3 が出たのを機会に、もう一度 iPhone だけの生活に戻ってみました。
というのは、9.2までは一部のスマートプレイリストを一括ダウンロードしようとすると music アプリが落ちるという問題が発生していたのですが、どうやら 9.3 でそれが解消された模様。スマートプレイリストを一括してダウンロードしておけば、プレイリストのライブアップデートにより順次中身が入れ替わり、Wi-Fi に接続すると勝手にダウンロードして入れ替えてくれるので、母艦につないで同期する手間が省けて非常に都合が良いのです。
こうして iPhone を音楽プレイヤーとして使うようになるとやはりイヤフォンの線が目障りになってくる。なにやら次期新機種ではそもそもイヤフォンジャックすらなくなるとかなんとか。
で、ついつい買ってみました、h.ear in Wireless 。
お値段はソニーの最新機種だけあってそれなり。同型番の有線イヤフォンがすでに9,000円割るくらいのお値段になっているのに、ちょっと高いかな、という気もします。
筐体はプラスチックですからまあ質感は高級ではないにせよ、梨子地の入った表面処理で遠目にはさほどチープさは感じられません。首かけ部のデザインはすっきりしていて好印象。
肝心の音は、意外と良いです。今までありがちだったいかにも低音をブーストしたような妙な味付けがなくて、全帯域にわたって平均的な伸びが感じられる爽やか系とでもいいましょうか。これが今の「ハイレゾ」流行の音作りなんでしょうね。それと、遮音性がかなり高い。普通の丸型シリコンイヤーピースだったのでそれほど遮音性は期待していなかったのですが、これも意外でした。この機種を装着して自転車になんか乗ったら危険きわまりない、という印象。
電源のオンオフ、BT接続時に “Power On” とか “Bluetooth Connected” とかいちいち英語で言ってくるのも最近の流行りなんでしょうか。
特に防水・防滴に気を配った風もないしすでに書いた通り遮音性が高いので、スポーツ用には不向きですが通勤用には重宝しています。

第7世代 iPod nano について(その1)

今回は買うべきか買わざるべきか、相当迷いました。迷った結果、やっぱり買いましたw
第6世代持ちとしては、機能的には微妙なアップデート。動画?動画とかあの小画面で見ません。iPhoneがあるし。BT対応?nanoそれ自体がヘッドセット程度の大きさですから、BTヘッドセットを別に持つのは持ち物が増えるだけですし。
それより今回のアップデートの肝は、あえて大型化したことによる操作性の大きな改善だと思うわけです。一気に小型化を図って腕時計っぽくなった6世代と比べると、面積はおよそ2倍。縦の長さはちょうど iPhone 4S の3.5インチ液晶部の長さほどで、横幅はその液晶部のだいたい4分の3くらいあります。大型化したことでタッチ操作がとてもやりやすくなりましたし、なにより左側面の音量ボタンが、リモコン付イヤフォンのリモコン部と同等の働きをするようになりました。中央ボタン一度押しで再生/ポーズ、二度押しで次へ、三度押しで戻る、長押しで曲名読み上げ、さらに長押しを続けてプレイリストの移動など、従来のnano、shuffleでおなじみの操作が全て通ります。これで普段の音楽再生なら全く画面を見ないで手探りで可能です。第6世代でも発売後のアップデートで、本体のボタンからでもストップ/ポーズ・戻る・進むなどの操作が可能になりましたが、曲名読み上げなどはリモコン付イヤフォンがないとできなかったので、これは大きな改善です。
しかし、今回の世代交代で、私が注目したのはそのあたりくらいしかなかったのですよね。なので、今回は正直スルーかな、と思っていたんですが、手元に実は約一年前に画面の割れた第6世代が一つありまして、どうやらこれをアップルストアに持ち込むと新品iPodを一割引にしてくれるらしい。画面が割れていては中古で売りに出すわけにも行かないし、それならここで最後に一働きしてもらおう、と思った次第。
本当は、プラスチック部分が黒いスレート色を狙っていたのですが、皆さん考えることが同じようで、銀座ストアでもスレート色はもはや売り切れとのこと(本日お昼頃)。で、しばし眺めて白いプラスチックが極力目立たないシルバー色にしました。nanoもホームボタンが付いて、なんだかまるでiPhoneのフィギュアのようです。うん、これはこれでかわいらしい。なんだか愛着が沸いてきました。
ええと、その1にしておきましたが、その2はいつになるかわかりません。。

R.I.P.

Evernote と Mail の素敵な関係

Evernote にメールでメモを送る便利さについて,PDA と 海馬さんのところでエントリが上がっておりましたが,なるほどー,と感心。先日までフリーのままでいたのですが,一念発起して有償版を購入した私にとっては目からうろこ。で,このメールを介して送るというワザはいろいろ応用が利きますね。
PDA と海馬さんは,iJot を使ってらっしゃいますが,アプリ内メール送信に対応するアプリならどれでも同じようにすれば良いわけですから。
手書きメモでは FastFinga, もそうですし,RSS リーダやその他のいろんな ニュースリーダ,さらには Twitter クライアントも,多くがアプリ内メール送信が可能なはず。もちろん標準の Mobile Safari や写真も。
091018-0001
おお,こんな汚い字でも認識してくれるのはすごいなあ !!

それからもう一丁,これはたしかついったーで見かけたネタなのですが,Evernote に貯めてあるメモを,一般のメール・クライアントから見ることができるらしい。(くわしくは,英語ですが,Evernote IMAP | Evernote Corporationあたりを参照してください)
立派な Evernote.app があるのに,どういう必要があるのか,という疑問もわくかもしれませんが,汎用のアプリケーションからのアクセス方法も用意されているので,メールクライアントにメモのコピーを残しておけば,万が一本家に何かおきたときでもメモが消えてしまうという惨事から身を守ることもできるわけですな,ああ,最近そんな話しをどこかで聞いたなあ。