カテゴリー : Mac

ことえりを使ってみる

Bam5ktZCEAAokIa長らくお世話になってきた、かわせみがバージョンアップしました。旧バージョンが2009年の公開といいますから、もう4年もおつきあいしてきた訳です。軽快な動作を売り物にするだけあって、おおむね満足はしていましたが、ここで素直にバージョンアップする前に、ことえりをまじめに使ってみようかな、と思い立ちました。よく考えてみれば、かわせみの前は、ことえりではなくて、egbridge 2 のユーザでしたので、実はこの6,7年というもの、ことえりに触ったことはほとんどなかったのですね。昔はことえり、というとおバカな変換の代名詞だったようですが、普通の言葉を普通に打ち込む分にはあまりひどい変換はない様子。ただあれこれオマケで変換辞書が付いてくる訳ではないので、その辺りはあちこちから探してくる必要があります。とりあえず導入したのは郵便番号辞書と、英数文字を半角で打つためのパッチ。

  • 郵便番号辞書 テキスト版 : たくさんありそうで実はことえり向けの郵便番号辞書として現在頻繁に更新されて公開されているのは、ここくらいしかなさそうな。でもって、ここの説明書がいまだに 0S 9 向けだったりするのですね。OS X からのユーザである私としてはちょっと辞書の導入に戸惑いましたが、ことえりのメニューから「単語登録/辞書編集」を選択して単語登録ツールを起動、辞書メニューで新規辞書を作成しておいてから、「辞書>テキストや辞書から取り込む…」で落としたテキストファイルを選択して読み込みを実行、ということらしい。実は最初わからなかったのですが、「新し物好きのダウンロード」さんのサイトに何気に張ってあるスクリーンショットからようやくそれが判明した次第。ちなみに、落としたファイルは読みの数字が全角数字になっているので、そのまま辞書に落とし込むと半角で郵便番号を打っても変換してくれません。なので、後に書く半角英数専用パッチと併用するには、テキストファイル内の数字を全部半角に変換する必要があります。これはいろいろなやりかたがあるでしょうが、ここでは CotEditor にご出演いただきました。
  • がんちゃんのブログ: ことえりで普通の文字を入力するkenicパッチのインストーラーをリリース : 「普通の文字」というのがなかなかいい表現ですね。文章を読んでいて(打っていて)全角英数字と半角英数字が無意味に混ざるときほどイライラするものはないですから。もちろん「全角で」とかわけのわからない指定を受けたときにも、変換候補にはちゃんと出てきますから大丈夫!がんちゃんさん、ありがとう!!

傷だらけのCDを読み込む

130325-0001その昔、CDが出始めた頃にはデジタルデータを非接触方式で読み取るから劣化しないとか、テープみたいに絡まって再生不能にならないとかあたかも永遠に保存可能というような神話がありました。ところがどっこい、記録面に傷つきやすいの何のって。本来非接触なはずのピックアップが盤面をひっかいたような傷も時々見かけます。さらに自分で買ったわけでもないレンタルCDや図書館所蔵CDで激しい傷がついていることも。いや自分で買ってないからこそ大事に扱って欲しいものですが。
それはともかくとして、傷だらけのCDをリッピングするにはどうしたら良いものか思案してみました。

OS X であれば、CDの読み込みは標準で iTunes から行われます。iTunes で傷モノCDを読み込むなら、環境設定>一般>読み込み設定… で「オーディオCDの読み込み時にエラー訂正を使用する」のオプションにチェックを入れると良いらしい。だいたいそれで問題ないはず、とどこかに書いてあったような気もします。

ただ、iTunesでの読み込みは結果オーライなのかどうか、いまいちよくわからない。そこでぐぐって見たところ、X Lossress Decoder [X Lossless Decoder: Lossless audio decoder for Mac OS X ]というフリーソフトがあるらしい。サイトにはなかなかに専門的なことがたくさん書いてあってわからないことばかりなのですが、とにかくCDを入れてXLDを使ってリッピングするとこれまた専門的なよくわからないことがたくさん書いてあるログファイルを吐き出して表示してくれます。で、まあよくわからないけど、ログの中に

Statistics
Read error : 0
Jitter error (maybe fixed) : 0
Retry sector count : 0
Damaged sector count : 0

みたいに書いてあると何となく安心できる、そんな感じです。いくつか試してみて、傷のひどいときはエラーゼロ、とはいかないこともありましたが、それはそれで諦めもつくというわけです。

ところで、音楽CDを入れるとiTunesが起動するのがOS X のデフォルト動作ですが、これはiTunesの環境設定からではなくて、システム環境設定の、「CD と DVD 」から変更するんですね。実は今更知りました。

TakeMePop 1.0

TakeMePop

いつもSafariStandでお世話になっております、hetimaさん発のユーティリティ。

Finder で選択されている項目をフローティングパネルに表示するアプリケーションです。

というわけで、ファイルなどをちょっと置いておいて後からD&Dする、みたいな小道具といったところ。ファインダーのツールバーに登録しておいて、ファインダーで何か選択してから起動するとフローティングパネルが開いて選択していたファイルなどがそこに登録されます。フローティングウィンドウうざいよ、という方は、左下歯車メニューからD&Dの後に自動的にパネルを閉じる設定にすることもできます。

MASで販売されている、DragonDrop ( DragonDrop, from ShinyPlasticBag )あたりに似ているようです。DragonDrop の方はQuickLookに対応していますが、複数パネルは開けないようなので、TakeMePopの方が使い勝手が良さそうな気もします。ちなみに私は、Automator でサービスを作って右クリックからTakeMePopのパネルを開けるようにして見ました。

レトロなツールバーアイコンもなかなかイイですね!

MIMEfix

しばらく前の話で恐縮ですが、Mail.app が 10.8.2 から一部文字化けが発生するという事件が起きて、追加アップデートがリリースされて直る、ということがありました。OSのアップデートで不具合ということはいままでもありましたが、追加アップデートのリリースは今までに比べれば早くなったような。
そうしてメール本文の文字化けが直ってしまえば気になるのは、日本語ファイル名のついた添付ファイルの扱い。Mail.app ではファイル名が文字化けしますよね、頻繁に。
単純な回避策として他のメーラーを使うことも考えられます。例えば Thunderbird あたりはWin用アプリも用意されているだけあって日本語の扱いやWinユーザから届いたメールの処理もそつがない。しかしOS X 標準の Mail.app ならではのクイックルック機能や連絡先、カレンダーとの連携は便利なので、Mail.app を捨てるのもどうも忍びない。どうしたものか、とTwitter で何気につぶやいたら、MIMEfix なるサードパーティ製プラグインがありますよ、と教えていただきました。

 MIMEfix | Free software downloads at SourceForge.net

おお、そんな便利なものがあったんですね!これはすばらしい。これをインストールすると、それまでに受信済のメールに添付されたファイルも含めて文字化けが解決するのです!
というか、わざわざそうやって手間ひまかけてユーザ側で対処しなけりゃならない、というあたりはいい加減なんとかならんですかね。今や Library フォルダが不可視な時代で、一般ユーザがOS Xの中をごにょごにょする時代は終わりつつありますからねえ。日本語の文字コード問題がいろいろ大変なのはわかりますけどね。。

MagSafe コネクタとキンカン

MagSafe コネクタは、上下気にしなくてもよいのはいいけれど、ケーブルの造りがヤワですね。そればかりか、接点が小さいのでちょっと汚れるとすぐに通電しなくなっちゃいます。
そんなわけで昨日も帰宅早々家族から「充電できない」と苦情を言われる羽目に。いやしかし俺のせいじゃないんだが。。で、ひとまず接点部分を布でから拭きしたり使い古しの歯ブラシでごしごししてみても回復せず。少し前にT字コネクタの古いアダプタが断線してジーニアスにねじ込んでとりかえてもらったばかりなんで、まだ壊れるはずがないんだが…
何かないか、と思いながら周囲を見渡していたら目に入ったのが、「キンカン」の瓶。そう、「♪キンカン塗って、また塗って♪」のあのキンカンですよ、奥さん!
モノは試しで、キンカンでティッシュペーパーを湿らせてそれで接点を拭いて、再度接続してみると見事復活!キンカン凄いよえらいよ!要はアルコール溶剤にアンモニア水その他の成分を溶かしたものなので、アルコールで接点部分にできていた油膜などの汚れを除去できたのでしょうかね。ちなみに、iPhoneの画面に汚れが付いたときもキンカンをちょっとつけてから乾いたティッシュでふき取るとキレイになりますよ。臭いけどね。あとは赤ちゃん用のお尻拭きとかも。ああもちろん使用済のお尻拭きは使わないでください。
ただし水分を多量に含みますから、MacやiPhoneの内部に沁みないように注意してくださいね。あと、アダプタの接点を拭くときは必ずコンセントから抜いて、Mac側も電源を落としましょうね。あくまでも自己責任でよろしくです。
(「キンカン」は株式会社金冠堂の、Mac ,iPhone ,MagSage なんかはApple.Inc の登録商標ですょお)

iPulse 2.5


CPUやメモリの使用状況を表示するユーティリティはいろいろありますが、iPulseはその中でも古参の部類に属するでしょう。私が登録したのは2005年の12月頃のことでしたから、もう7年近くも前になります。当時のスクリーンショットに、Palm Desktop のプロセスなんかが見えていて時代を感じさせます。
その後、PPCからIntelになり、さらにはMac AppStore とか出てきて、時代は変われど長らくアップデートもなく、そのままフェードアウトするのだろうか、と寂しい思いをしていましたが、なんとなんとなんと、3年ぶりのアップデートですよ奥さん。懐かしい友達に会ったような気がして、嬉しくなりました。7年前のレジストコードもちゃんと通りました。
もちろんAppStoreでは売ってません。
CPU温度とかは表示してくれませんが、ジャケットで着せ替える楽しみもありますし、ユリウス暦の表示とかよくわからないこだわりっぷりが好き。$9.95のシェアウェアです。

AlfredTweet

名は体を示す、というわけでその名の通り、Alfred から Twitter を使うための Alfred Extension です。以前にも、Alfred からTwitter に投稿するというエントリーで、Alfred から直接ツイートする方法に触れたことはありますが、前に書いた方法では、ときどき投稿に失敗することがありましたし、使えるようにするために、console_tweet というものを事前に準備しなければならなかったり、初心者にはやや敷居が高かったのですが、こちらは、元記事にリンクされている、AlfredTweet.alfredextension(拡張子が長すぎ!)を落としてきてインストールすればあら不思議、後は簡単。Alfred を呼び出して、”tw setup”と打ち込んでエンターキーを押すと、twitter.com の認証画面が開きますからユーザネーム、パスワードを入れるとPINコードが表示されます。このPINコードを書き留めておいてもう一度 Alfred に戻って、今度は “tw pin ほげほげ” とPINコードを入れるともう一度 twitter.com からアプリ連携を認めるかどうか聞かれるという、他のツイッターアプリと同じ流れになるわけです。
キーワードの “tw” に続けて自分のツイートを打ち込んで投稿するほか、”tw tweets”とすると直近5個のツイートを拾ってきて、Growl経由で表示してくれたり、”tw block ” でブロックまでできちゃいます。
有料の Alfred Powerpack が必須なほか、Growl (最近有料化しましたね…無料の旧バージョンでも問題はないようですが)も必要。Growl は、設定で表示行数を制限しているとツイートなどが全部表示されないことがありますのでご注意。

参考:AlfredTweet