カテゴリー : iPod

音の出口をどうするか

最近、通勤時の音楽再生をどうするか、でちょっと悩み中。
しばらく前まで使っていたのはソニエリの青歯ヘッドセット。MW600というやつです。予想していた以上に音は良いし、ケーブルが短くなるのはとても便利。まあ音量の上げ下げとかの操作性ははっきり言ってダメですし、ボタンの誤操作も多い造りなのはちょっと困りますけど。
しかし、この地震やなんかで通勤中にラジオも聞こうかと思って、nano 6GにMW600付属のイヤフォンを刺して使ってみたらこれがなかなか音が良くて、元に戻りたくなくなっちゃってしまったのですよ。ううむ、音楽専用iPodあなどりがたし。
しかし、音楽再生にiPhoneを使うとそれなりの楽しみ方もあって、たとえばSoundTrackingや他のSNS系アプリと連携するとかも楽しい。SoundTrackingとか、データベースに登録されている曲なら試聴も簡単にできますし。
音質を追求しつつSNSを楽しむなら、iPhoneに直接ケーブルを刺せばいいわけですけど、コードレスな世界を知ってしまうとこれもやはり戻れない。ああなんかぜいたくですか私?
この際、iPod nano に青歯付けて、AirPlayでローカルなiPodのライブラリもiPhoneのライブラリもアクセスできるようにしてくれないか、と思ったりするんですけど。。そーゆー無駄なことはやっぱりあり得ないよね。。などと今日はつらつら書き連ねてみるのでありました。

nano 6Gと歩数計専用機を比べてみた

先週、nano 6G がどこに消えたのか見当たらないので、やむなく、というか、Felica対応でwebに計測結果をWebにアップできるというあたりに興味を感じたので、オムロンの歩数計 HJ-205IT を購入してみました。
WellnessLINK ( http://www.wellnesslink.jp/ )とかいうサイトに登録するとそこに計測結果が蓄積されてグラフ表示ができるらしい。予測はしていたけれどMac非対応だったりするのは残念。近ごろMacユーザも増えつつあるようだから対応してもらいたいところですね。携帯サイトもあるようですが、「スマートフォンからはご利用いただけません」ということで、これもまた残念。
Webのサービスは基本的に淡々と履歴を表示するくらいでツイッター連携とかあるわけでもないし、まあ良くも悪くも医療機器メーカーさんですね。Nike+あたりをお手本にしたらガジェット好きな人々にも人気が出そうな気もするんですが。
モノ自体は4,000円そこそこの価格でありながらUSB接続の通信用お皿が付属していて、通信ボタンをポチッと押してお皿に乗せるだけで登録・データ転送も可能。それはそれで専用機器らしい出来栄え。Felica通信用のお皿のドライバと通信ソフトだけの問題だと思うので、Mac対応も何とかして欲しいなあ。このお皿はまた、何か別の用途にも使えそうな気もするんですよね、Felicaカードのビューアみたいなアプリケーションとか。
専用機器らしいところとしては、計測される歩数の中で、さらに「しっかり歩行」「EX歩行(エクササイズ歩行)」と歩行の中身もチェックしてくれます。いまいち定義がわからないけどね。

さて、こういうふうに見当たらなくなったモノの代替機を購入するとなぜかいつも探しものが見つかるのは不思議な話。で、しかたがないのでnano 6G(ファームウェアのバージョンは ver 1.1 )とオムロンの専用機と、同じコースを同時計測して比べてみました。

  • HJ-205IT   2088歩
  • nano 6G       1937歩

ということでnanoの方が1割くらい少なくなる感じ。おお、思ったよりもnanoの計測はしっかりしてる感じですね。前はずいぶん計数が多くなっちゃう印象があったんですけど、バージョンアップでこの辺もブラッシュアップされたんでしょうか?それとも装着のしかたの問題?

と、専用機を買ってみてまた改めて nano 6Gの良さに気づいた次第。ちなみに同じようなキカイばかり買う、と言ってウチの財務大臣が口をとがらせていたのは内緒の話です。

ほすうけいのほそくけえ?

nano の歩数計レビューはなかなかの人気のようで,たくさんのアクセスをいただいたようです。さらに気がついたところでいくつか補足。ほそくけえ?(さぶっ!

  • nano の装着の方法いかんで計測結果にかなりの誤差が出てしまうようです。先日ご紹介したようなカラビナに付けてぶらさげると実際の歩数の倍以上になってしまいました。ユーザガイドでは「iPod nanoをシャツやポケットにクリップで留めると、より正確な結果が得られます。」と注意書きがあります。なるべく体に密着するようにして,nanoそれ自体がぶらぶらと動かないようにしましょう。
  • nanoをiTunesに接続すると,Nike + iPod のパネルに「Nikeplus.comに接続する」というボタンが現れますが,どういうわけか,私の環境ではSafariで歩数計測専門サイト,Nike + Active を開くことができない。ついでに言うとNikepluse.comのホームには Nike + Active へのリンクがどうも見当たらないような。なぜ?ちなみに私がブックマークしているURLは,http://nikerunning.nike.com/nikeos/p/nikeactive/en_US/active/ ですので,ご参考まで。Nike.com のIDを取得していれば使えるようです。
  • Nike + Active のページはいつの間にか都市を駆け巡るような形式になっていてなかなか充実してきました。消費カロリーが NikeFuel としてポイントになり,そのポイント数分都市を巡っていくゲームっぽく演出されています。Facebook, Twitter との連携もできるらしいけど,やってません。

あらためて,nano 6Gについて

歩数計はともかく,あらためて nano 6Gについて感想を。

  • 操作性はまあ想定の範囲内かな,と。タッチパネルの反応は悪くないけれど,iPhoneで慣れた身としては,アイコンをタップしてから開くまでわずかにタイムラグがあるかな,という程度ですが,それも気になるほどではないです。長押しでホームに戻るという独特の操作に慣れればまあそんな扱いにくいとは言えない。扱いやすいとも言えませんが。画面の小ささ,それに伴っての文字の細かさはまあいかんともしがたいところ。すなわち,日本○撲協会といたしましては,指の太いお相撲さんにはiPadをお勧めいたします。
  • 歩きながらあの小さな画面を確認するのはさすがにちょっと不便。ですから,リモートコントローラ付きのイヤフォンはマストアイテムだと思います。リモートコントローラ長押しで曲名を言ってくれるボイスオーバー機能とか,ボイスメモ機能とか,リモートコントローラ・マイク付きイヤフォンがないと使えない機能もありますから。
  • 腕時計化が大流行ですが,音楽を聴かないならともかく,音楽を聴くには正直それはどうかな?と思います。腕につけてイヤフォンを刺すなどもってのほかですし,スリープ解除後,時計表示になるように設定した場合,曲のコントロールをするために,時計表示→ホーム画面→再生中の曲,とたどっていかないと再生の停止や早送り・巻き戻しができず,これはけっこうストレスがたまります。曲を再生中はホーム画面省略で再生中の曲を表示できるように,改善して欲しいです。あとは,時計に世界時計がないのも残念といえば残念。これもアップデートで機能追加されないかなあ。
  • と,いうわけで,むしろ,ドックコネクター付きカラビナを入手して,キーホルダー化しました。↑ちなみにnano の色はグラファイトです。
  • 音質はそれなりに良いと思います。実はnano 5Gを購入してみて,それほどでもない音質に正直がっかりした経験があるのですが,6Gは普段聴くのにじゅうぶん耐えられるレベルかなと。5Gも昔のiPodに比べるとそんなに評判が悪かったわけではないようで,ひょっとして私が買った先代nanoが特別音質の悪いハズレの個体だったのかも…
  • iPod miniの頃からそうですが,iPodは単なるmp3プレイヤーというより,装飾品。クリップも付いてますます装飾品っぽくなったのが,nano 6G。単純に音楽を聴くならiPhoneユーザにとってはiPhoneがあれば十分では?むしろ,装飾品として,あるいは歩数計としての付加価値をどう見るかでnanoの主観的な価値が決まると思います。もっとはっきり言えばiPhoneユーザはべつに無理して買わ(以下略… つまるところ,nanoの全面タッチパネル化は,iOSの世界へのお誘いみたいなものですからね。

i歩数計 nano 6G

雨の午前中で客が少ないという危険な状況の量販店の中を通ったのが運命の分かれ道。ついつい帰り道にはnano 6Gを手にしていた,というわけで。

さて,例によって例のごとく,nano 6Gの歩数計画面を見ていくことにします。

↓まず,「フィットネス」を起動すると体重設定の画面に。カロリー計算の基礎ですね。

↓メニューは「歩数計」と「履歴」。NIKE+ 機能を使うためにはNIKE+のキットが必要なようです。

↓歩数計画面。ちょっと見た目では気付きにくいのですが,歩数の下の時間,カロリーなどの項目は下にも隠れていて,下方向にフリックすると,日,週,月の歩数合計,トータルの歩数,目標などの情報が出てきます。

↓「履歴」画面から,個人最高記録,総計,過去の日ごとの歩数にアクセスできます。これも気付きにくいのですが,履歴画面でちょっと下にフリックすると,「消去」ボタンが出てきて,履歴情報を消去することもできます。

↓一日の概要画面。

前世代機種のように画面を横にするとデータがグラフ化されるような機能はさすがにないみたいですが,歩数計としても高機能。大きさも歩数計としてちょうど良いくらいになりました。

参考までに,iPod nano 6G のユーザガイドはこちら(PDF直リンク)です。

Voice Memo の謎

先週発表された新 iPod nano ですが,小さくなってマルチタッチスクリーンを搭載したかわりに,従来のカメラやボイスメモは割愛されました。そういう機能が欲しい方はiPod touchなりiPhoneなりを買いなさいってことですね。
なのですが(しゃれじゃありません),Appleが配信しているPodcastの26分すぎあたりをよくごらんくださいませ。下のキャプチャ画面左下のnanoのスクリーンに表示されているマイクの青いアイコンと,Jobsおじさんの頭のうえの文字にご注目!
何でしょう?

<追記>
touch、nano、shuffle、どれを買う?:2010年のクリスマスを飾る“最強”の布陣――新型「iPod」ファミリー徹底レビュー (1/4) – ITmedia +D PC USERのレビューによると,マイク付ヘッドフォンを差し込むとボイスメモのアイコンが現れ,ボイスメモ機能が使えるようになるとのこと。なるほどね。

続・不明なエラー


前回のエントリー以後も iTunes がコンピュータの認証を要求しまくるという不具合が続いています。で,認証を要求された後に別のiPhoneやiPodを繋ぐと「読み込めません。復元してください」とまで言われる始末。
ところが,どういうわけか何の拍子かすんなりとiTunesと同期してくれる時もあったりする。最初は最近入れたPhone Diskという,iPhoneをドライブとしてマウントするユーティリティの副作用かな,と思ったが,どうも違うようです。ああ,疑ってごめんなさい。
で,気がついたのは,どうやら,ログイン後,それまで何の問題もなく認識して同期していたiPhoneを最初に繋いで同期するとその後もすんなり同期するのですが,ログイン後に最初にiPod Shuffleを繋いだときに問題が起こる。いったん問題が起こった後に,iPhoneを繋ぐと今度は,「復元してください」というなかなか心臓に悪い警告が発せられる,ということのようで,ログインした後の同期の順番が影響しているらしい,ということ。
いったんログアウトして再現実験をしたら見事に現象が再現されちゃった。何なのか分かりませんが,複数iPod,iPhoneをひとつのライブラリで共用していて,問題が発生している場合は,もしかしたらログイン後の同期の順番を変えてみるといいことがあるかも知れませんし,いいことがないかも知れない,という実に当てにならないお話で,毎度恐縮です。