カテゴリー : iPod

iPod nano カラバリ変更

150716-0001噂通りにiPod touch がパワーアップ、ついでに nano と shuffle はカラーバリエーションが変更されました。

touch は128Gバージョンも追加され、カメラも強化したとのこと。とりあえず、iPod touch ファミリーは、iOS の走る入門機として土俵際で生き残った模様。

nano と shuffle は生き残ったと言えば生き残ったけれど、本当にカラバリ変更だけだったらしく、MUSIC の対応も見送られたようで。カラーもカラフルな色はブルーとピンクと(PRODUCT) RED だけ。以前のようなグリーンやオレンジ、パープルなんかはもう出さないんでしょうか。カラーバリエーションを全部並べてみても前のように美しくはないのがなんとも残念。UI も相変わらず IOS6 以前のスキューモーフィックなデザインのまま。MUSIC 対応もそうだけど、せめて中身のデザインも Apple Watch に似せるとかして欲しかったところ。まあ今頃は次の iOS と Watch OS の開発がいそがしいんでしょうけどね。。そろそろ Apple Watch の販売も落ちてきているとの話もあるようですし、この際、nano の中身をもっと Apple Watch に近づけたら、iPod ユーザがやがて大きくなったら Watch を購入する層に育つんではないでしょうかね。果たしてその頃にWatch とか iPod とかの製品ジャンルがまだ生き残っているのかどうか、 という問題はありますが。

 MUSICの時代にあえてiPodを復活させてみた

IMG_3261前回の投稿に続いてMusicの感想を。

  • iTunes Store の曲が全曲Music で提供されているわけではない(洋楽系でも今売れ筋のものは見つからないことも多い)のはもちろん、Musicでストリーミング可能であってもダウンロードできない曲もあるみたい。iTS で「アルバムのみ」となっている曲がダウンロードされてされてこないアルバムがあったりする一方、別にこだわりなく全曲落ちてくるアルバムもあるようです。そのあたりはおそらくレーベル(アーティスト)側のポリシーなのでしょう。
  • アーティスト側の対応も日々変わっているようで、たとえば、いつの間にか矢野顕子のアルバムがごっそりとMusicから消えていたりする。(なんと残念な…)
  • 結局、音楽提供側としては、全曲再生可能な試聴の場を提供しました、という立場のようで、DRMフリーで複数デバイスで聞きたいなら、やっぱりダウンロード販売のチャネルから買ってください、ということなんですね。
  • Musicとローカルライブラリの統合、とおっしゃるけど、DRMの件やダウンロード可能デバイスの縛りはもちろん、一つのデバイス上で再生した再生記録が他のデバイスに反映されたりしなかったりするような。おかげで、再生回数や再生日をキーにしたスマートプレイリストが、だんだんデバイスごとにばらばらの中身になってしまうのがどうもいただけない。
  • と、いうわけで、ローカルのライブラリ専用に、この際、iPod nano を復活させてみました。iPhone でMusicを利用する場合、iCloudミュージックライブラリをオンにしないとMusicからアルバムやプレイリストをダウンロードすることができないのですが、そうするとせっかくCDからロスレスでリッピングしたローカルファイルをiPhoneに同期させることができなくなっちゃうんですよね。ちょとそのあたりもやっとするので、この際iPhoneはMusic専用に割り切ることにしました。nanoの極小タッチディスプレイはお世辞にも使いやすいとは言えませんが、その代わり横の物理ボタンでほとんどの操作は可能ですし、ボタン長押しで曲名を言ってくれる機能もiOSにはないですから。
  • 欲を言えば、iPodをアップデートしてせめてMusicの曲を転送できるようにはしてほしいし、ラブもできるようにして欲しいところですが、やはりそうはならずにiPodファミリーは近い将来消えてゆくのでしょうか。。

Match 完了までの長い道のり

画像
サービスイン初日は混雑もあったのか、いっこうにマッチングが進まない iTunes Match でしたが、連休ということでちょっと間を置いて今朝の11時過ぎ頃から再度挑戦。各所で報告があるように、単に停止するより、一度 iTS からサインアウトして、再度サインインしてからiTunes Match を再度オンにする方が反応が早いような気がしました(そうでないと、「情報をAppleに送信中…」あたりで止まる時間が長くなるようです)。
あと少し、というところで進まなくなるので何度かサインアウト、サインインを繰り返して本日午後4時30分近くになってようやくステップ2まで終了して、マッチしなかった曲のアップロードが始まりました。曲数8437曲中、マッチした曲と購入した曲は合わせて5300曲ちょい。想像していたよりはマッチしたかな、という感想。ただ、これも各所で言われているように同じアルバムでもマッチした曲しない曲があったり、これは明らかに iTS で買ったはずなのにマッチしていない曲もあったりして、そのあたりの判定のキモが何なのか、正直よくわからないところも。
まあいずれにせよ、今まで低ビットレートの mp3 で我慢していた曲をこれからスマートプレイリストで集めて置き換えていこうかな、と思っている次第。iCloud越しの使い勝手というのはちょっと試してみないとわかりませんが、それにはまずiOS機のプレイヤーとしての音質はもう少しがんばってほしいところ。そこがクリアされたら iPod Classic もついにディスコンとなるのでしょうかね。

第7世代 iPod nano について(その3)

いつになく連日更新しています。
いよいよnanoのレビューは、核心の歩数計機能と音質について。

と、思いましたが、歩数計機能はほとんど第6世代の頃と変わりはありません。ちなみに、第6世代当時の歩数計機能についてのレビューはこちらです。第6世代より進歩しているのは、Nike+ のランニング計測機能を利用するのに別売りのキットが不要になった模様(正確に言えば、第6世代もファームのアップデートで別売りキットは不要になったんでしたね)。画面の大小はありますが、フィットネスの項目で表示される情報や画面の造りなど、ほとんど同じです。ちょっとばかりオムロンの専用歩数計と一緒に持ち歩いて精度を比べてみましたが、写真のように専用歩数計と比べてもほとんど誤差の範囲と言って良いでしょう。
ところで、iPod nanoの歩数計機能の良さは、Nike+Active のホームページに登録して、ウェブ上で記録を一覧できることだったのですが、実はしばらく前から Nike+Active のページはお休み中らしい。で、「新しい Nike+」 のページをいくら見てもランニングの記録しか確認できず、ウォーキングの記録はどうやって確認したら良いのやら。。残念なことですが、Nike+は若者向けで、ウォーキング中心の中高年はオムロンの歩数計で良いのかも。
あとは、第5世代のiPod nanoで可能だった、画面を横向けにして時間ごとの運動量をグラフィカルに表示する機能も第6世代で削られたまま、復活していませんでした。このグラフ表示はとても見やすくて気に入っていたので、今回画面が再び横長になったのをきっかけに、ぜひとも復活させてもらいたいところです。

最後に、音質について一言。これは厳密に旧機種と聞き比べたわけではないので、簡単な感想にとどめますが。地味に音質は向上していると思います。今までのiPodシリーズ同様、フラットな音づくりは変わりませんが、ビミョーに低域・高域が増強されてレンジが広くなった印象。さらに全体に音の分離・解像度がアップしているようで、音場が第6世代より広く感じられ、ボリュームを上げてもうるさい感じがしなくなりました。iPhone 5 はわかりませんが、4S と比べても音は優れいていると思うので、音楽プレイヤーとして使うなら、BT経由ではなくイヤフォン直差しで聞きたいところです。

例によって、やたらと詳細なilounge.comのレビュー(英語)が出ていますので、興味のある方はどうぞ。

iPod nano 7G で再生中の曲をすぐに表示する

Appleのサポートページに、iPod nano 7G のユーザガイドが出ました。ただし英語版です。日本語版もそのうち出るでしょう。
ザッと目を通してはじめて知ったのですが、iPod nanoのホームボタンをダブルクリックすると、直ぐに再生中の曲を表示することができるようです。iPhone、iPod touchではホームボタンのダブルクリックでマルチタスクで動いている他のアプリを呼び出せるのと少し似ています。
試して見ると、ホーム画面からだけではなくて、時計や写真、ラジオなどの画面からでもホームのダブルクリックですぐに再生中の曲を表示します。いちいちホーム画面に戻らなくて良いんですね。ついでに、その状態から画面を左から右にスワイプすると、再生中の画面になる前の画面に戻ります。おお、これは何となくマルチタスクもどきな動作です。
ただし、どういうわけか、「フィットネス」の画面の中からは、ホームのダブルクリックは効かないみたい。ううむ、これはもしかしてバグですかね?

第7世代 iPod nano について(その2)

(Photo from iLounge.com)

新鮮な気持のうちに、レビュー第二弾をば。

まずは外観から。
写真を撮るのは面倒なので、とりあえず iLounge のギャラリーでもゆっくりどうぞ。
iPod nano (Seventh-Generation) Unboxing and Comparisons – a set on Flickr
タッチスクリーンを採用したnanoとしては二代目で、ホームボタンが付いたこともあってまるで小さいiPhoneか、iPod touchみたいな雰囲気。特にシルバーは画面まわりが白いので白iPhoneと並べると親子みたい。まずはiPod nanoから始まって、物足りなくなってきたら次のステップは iOS搭載機、そしていずれはMacも買ってね、というAppleのメッセージが伝わってきます。
iLoungeのギャラリーを見てわかるように、小さいながらも上下の角がiPhone 5 と同じように面取加工されていてキラリと光ります。面取部分以外のアルミ表面は細かい梨地加工?が施してありますから、少しの傷ならそれほど気にはならないものと思われます。

起動してみると、起動画面のマークの背景が黒くなくてシルバーになっています。噂によれば起動画面からして本体の色毎に違っているらしい。壁紙は5種類(ちなみに第6世代は12種類)、時計デザインは6種類(第6世代は18種類)と、カスタマイズの幅が少なくなりました。スイス連邦鉄道デザインの時計は残念ながらありませんでした。こういう小さめの画面こそ、あの視認性の良いシンプルなデザインが生きるので、ここはぜひともきちんとライセンス処理をしてスイス連邦鉄道デザインの時計を加えてもらいたいところです。
カスタマイズ、と言えば、前の世代ではホーム画面にプレイリスト、アルバム、アーティスト、といった項目へのショートカットアイコンを置いたり、ラジオや写真などのアイコンを隠したりすることができたのですが、第7世代ではホーム画面のカスタマイズは、アイコンの位置変更だけになりました。なので、再生したい曲を選ぶには、ミュージックのアイコンを選択して、そこからさらに階層状のメニューに入っていくことになります。ううむ、ちょっとここは使い勝手が悪くなりました。ぜひとも前のようなプレイリストやアルバム、アーティストなどのアイコンを復活させて欲しいところ。
全体としてみると時計っぽさに妙にこだわっていた第6世代と比べると、ファームウェアの造りは肩の力が抜けているといいましょうか、手を抜いている、といいましょうか、あるいは本当は iOS と OS X で精いっぱいで、もはや非 iOS のiPodに手間ヒマをかけている場合じゃない、という本音が見え隠れするような…

iPodの UI が一番良くできていたのは、現行 iPod classic や第4,5世代のnanoあたりでしょうか。画面が縦半分に分割されて左側の項目を選択すると右側にプレビューが現れて、しかもケン・バーンズ効果で動くとか、ため息が出るほど美しかった。たぶんそのあたりまでは Tony Fadell 氏が関わっていたんでしょうね。タッチスクリーンが採用されて、nano もiOSっぽくなってきたわけですが、美へのこだわりがやや薄くなったような気がするのは寂しいことです。

第2ホーム画面はどうnano

猫も杓子も iPhone 5 と騒ぐ中ですが、しつこく nano にこだわります。
その後デモ機の報道関係者への公開が行われ、いくつかのサイトで nano の実機ハンズオンレビューがでていますが、いずれもごくあっさりしたもの。まあしょうがないよね。。
それにしてもアップルのサイトの画像を見ても外の写真を見ても明らかにホーム画面は2面あると思われるのに、誰も第二画面の画像をアップしていないのはなぜなの?世界時計はどうなったのまだあるの?何より、プレイヤーとしてもっとも大事な音質に報道関係者が誰も言及してないのはどうして?BT搭載と言うけど、対応コーデックはどうなってるの? apt-X は対応するの??謎は膨らむ。ううむ。。買えば分かることだが。。

<追記>
コメントをいただきました。第二画面は時計と設定だけがあるようです。動画レビューで確認できるとのこと。( YouTube で検索するとすぐ見つかりますね。たとえば、このへんとか)。コメントありがとうございます。ボイスメモが残っているかどうかは不明。また、前の世代のようにアルバムやアーティスト等のショートカットをホームに出せるかどうかも不明。まあそれは白黒画面の頃からできたことですからたぶんできるんでしょうね。