カテゴリー : iPad

GarageBand夜話

今さらながらiPad2イベントを、見終えました。
私としては、冒頭の販売実績サマリーにつづくiPad紹介ビデオがとても印象深かったですね。昨年のFaceTime のCMもサッチモの枯れた歌声とともに涙を誘うほどの傑作でしたが、やはりその延長線上で性能がどうのというより、iPadを使う人々(医療現場や教育現場を含む)にフォーカスして、iPadが人々にもたらす喜びや新しいコミュニケーションのあり方をみごとに提示していました。
それにつづくソフトウェアデモが、iMovie と GarageBand であったというのも、方向性を示していました。単調な仕事用ツールというより、むしろ楽しいコミュニケーションツール、クリエイティブなツールを目指すAppleの方向性を、スティーブはあえてキーノートの末尾で繰り返していました。
さて、思い起こせば、GarageBand が登場したのは2004年。iLife04 とともに発表されたんでしたね。 それまでDTMソフトといえば数万円が当たり前の世界だったのが、わずか5800円、新しいMacを買ったらおまけでついてくる、というのは衝撃でしたよ。
そうそうその当時はiMacはまだ大福首フリフリ型の最終形で、私がはじめて買ったのも大福15Inch でした。前々からMac使ってみたいな、と思っていたところに背中を押したのが驚異的価格破壊ソフト、ガレバンだったのです。
で、当然のように大福にガレバンを入れてみたわけですが、重いの何のってね。画面も狭いし(今にして思い起こせばなんとiPadと同じサイズでした…)。そうこうするうちにその年の夏頃にはiMacにG5が載って、不具合で悪名の高かったはんぺん型iMac G5 が出て、やがて2006頃にはiMacもIntel化するわけですね。
というわけで、何を言いたいのかというとつまり、歴史は繰り返すのです。噂によればGarageBand for iPadは、初代iPadでも動くとか。しかし初代でどれだけのパフォーマンスが出るのやら。あのリッチで美しいインターフェイスは、初代iPad所有者にはちょっと恐怖を感じさせずにはいられませんなあ。また、ベロシティの検知なんかもちゃんと動くのかなあ…正直かなり不安です。
ガレバンとiMovieを含むiLifeスイートは、まさにG5からIntel Mac、C2Dからi3、i5、i7へとハード買い替え促進の使命を担って定期的にアップデートされているのですが、それと同じことがやはりiPadでも起きるのでしょうね。

ちなみに、今回のアップデートは見送り。iPhone同様2年周期でいいんじゃないかな。。

SQUAIR Free Angle Jacket

当blogは原則アフィリエイト禁止のwordpress.comで運用している関係もあって,Mac用アプリ以外にはほとんどレビューはしていませんし,これからもする予定はありません。
それなのに,どうゆーわけか,株式会社DAQ様より,SQUAIRなるブランドで新規に発表されたiPadケースをモニターしてみませんか,とのご連絡をいただいてしまいました。
うちは更新頻度も低いし,どこか大御所サイトにリンクでもいただかない限り,1日あたりのPVもせいぜい100程度なもんなんで,うちへのモニター依頼ははっきり言って何かの間違いなような気もします。というわけで先方様の気が変わらないうちにレビューさせていただくことにします。写真はメーカーサイトの方がよっぽどきれいですけど…
化粧箱。iのつく製品のパッケージデザインにふさわしく,美しくデザインされとります。

画面側カバーには,不意に開かないようサイドに突起が付いています(写真はちょっと見づらいですね)。その周りは微妙にくぼんでいますが,これは開けやすいようにする配慮かと。

四隅と上下計6ヶ所の突起部分は小さいようですが,結構きっちりハマります。

三つの溝と端のツメで横置きの角度は4種類。画面にふれる部分は不織布(マイクロファイバー)。

今まで私はAppleのケースを使用していました。さすがにあのように薄手という訳にはいきませんが,iPad本体がけっこうきっちりとはまるのでかさばる感じはありません。質感も革のような高級感があります(素材は合成皮革)。
お値段は約1万3000円と,他のケースに比べて割高なのは否定できないですけど。iPadもおそらく来春か夏くらいには次期モデルが出るんでしょうけれど,そういうモデルチェンジとかあまり気にせずに愛機を末長く使おうというなら、ちょっと高級なケースもアリかもしれませんね。
製品は11月24日発売開始。メーカーサイトにて数量限定先行発売中とのこと。本音を言うともうちょっとお安い価格帯でiPhoneやiPodケースあたりも期待したいところ。

iPadでInstagramを使用する

たいへんごぶさたしておりました。
さて,このところ,流行し始めているInstagramという写真共有アプリ(むしろSNS?)にハマっております。数日前から TechCrunchはもちろん,Lifehacking.jpお宝blogその他各所で話題になっているようですから詳細はいつものように割愛しますが,要はトイカメラアプリとSNSをうまく組み合わせたところがミソで,Twitter その他のSNSへの同時投稿も簡単。何となく撮った写真もそれらしくなるし,高い評価を受けている作品はさすがのクオリティ。
で,いちいちそのために写真を撮るのも面倒なので,はじめのうちはiPadから旧作をiPhoneに送って投稿していたわけなんですが,それもまどろっこしいのでちょっと試してみたらiPadからもiPadのライブラリの写真を使って投稿できるじゃないですか。なんだ最初からそうすれば良かった。
というわけで,InstagramでもTwitter同様,”jsmach”のユーザ名で出ております(大文字小文字は区別しないみたいです)ので,良かったらどうぞ。

アルバム付属のデジタル・ブックレットを同期する


さて,世紀の記者会見を今晩に控えておりますが,なんだかまるで関係ないので今晩は暑苦しくさえなければよく眠れそうです。
それにしてもさっきからひどく悩んでいたのは,iTSでときどきアルバムのオマケとして付いてくるデジタル・ブックレットがどうしてもiTunesでブック・カテゴリーに表示されないので,iTunes経由で同期できなかったのです。何でだよ?せっかくiBooksがPDFも扱えるようになったのに,意味ないじゃないですかっ。
で,ふとしたきっかけで,当のデジタル・ブックレットの情報を覗いて見たら,なんと,メディアの種類が「ミュージック」になっているではないですか!これでは同期できないわけです。
ということで,右クリックメニュー>「情報を見る」(またはCmd+I)>オプション>「メディアの種類」で,手作業でメディアの種類を「ブック」に変更したら,問題が無事解決しました。

てゆーかさ,メディアの種類くらい自動認識できそーなものですがねっ!

iPad ファースト・インプレ

結局、私のiPad Wi-Fi 32GB は、発売日の夜、クロネコが再配達してくれました。ありがとう、ヤマトの諸君!で、週末触ってみた感想など。

  • いきなり誤解を恐れずに言えば、なんだか評判になったからとか、あまり目的意識もなく買った人は最初は新鮮な驚きで触りまくるかも知れないけれど、そのうち飽きちゃうかも知れない。というのも、iPadはiPhone以上に用途が限定されていない、なんでも一応(対応アプリがあれば)出来る。でも本気で何かやろうとしたらノートPCを持ち歩けばそっちの方が高機能。ユーザ自身がiPadならではの用途を見つけることができるかどうか、そのあたりで主観的に評価が大きく分かれてくるような。何となく珍しいとか話題だし、とかの理由で手に入れた人は、そのうち振り分けられちゃうような気がする。ただ、このあたりは今後どれだけ良質のアプリやコンテンツが出て来るか、にもよるでしょうけど。
  • Safariは触っててとても気持ちいい(津軽弁でいうと「あんづましい = Comfortable 」)。しかも早い。FLASHサイトを見るのじゃなけりゃ、Mac, PCよりもこちらの方がずっといい。URL表示窓をタップするとブックマークバーが現われるのも気が利いている。ただ、細かいことだけど、タブブラウジングで、タブを閉じたときに一覧表示になってもとのページに手動で戻る必要があるのは、ちょっとまどろっこしい。これはiPhone同様、前に開いていたタブに自動で戻る挙動にしてほしい。あと、「戻る」「進む」のときに、Magic Mouseでするように画面をスワイプしてしまったのは私だけ?ボタンが画面に比べて小さくてはじっこにあってタップしにくいし、ジェスチャーでの操作にも対応して欲しいところ。
  • 仮想キーボードの使い心地が気になるところだったけれど、手や指を離してタイプする、という方法は意外と早く慣れると思う。カチカチというタイプ音でのフィードバックが、とても良い効果を発揮していることがよくわかる。まあ欲を言えばルパン三世っぽいタイプ音が出たらなお良かったけど。JBしたらそういうことは多分音ファイルを入れ替(以下略…
  • 仮想キーボードがらみで、変換候補を押そうとして間違ってWを押しちゃう、という笑えない報告がちらほら見受けられますw。変換候補を選択するには、普通にスペースを使うのがオススメ。これだけで手の移動はかなり減るはずです。
  • キーボードが意外に使えるので、純正メモもそれなりに軽いエディター的な役割を担って重宝しそうな予感。ちょちょっとメモってEvernoteに送るとか。そいでもってEvernoteのiPad版がまたよく考えられたデザインで感心させられます。
  • 一部のiPadアプリのレビュー欄に、日本語がうまく入力できない、というコメントがちらほらと。わたしも WordPressでどうも記事入力がうまく行かなくて結局Macで今記事を書いてます。どうも不具合が出ているアプリは複数あるっぽい。
  • カレンダーはとても綺麗だけど、AppleがiCalのToDoをいつまで経ってもiPhone OS のカレンダーに持ってこないのはなぜなのか?サードパーティのことを配慮してるわけでもないと思うけど、もしかしてそーゆーこと?これはホントに不思議なこと。
  • 実は昨日、子どもの運動会があったので、運動会で撮影した写真を、Camera connection kit で取り込んでさっそく表示させてみた。実にこれはいい。デジカメからカードを取り出して差し込めば、自動的にアプリが立ち上がって写真を取り込んで、すぐにあの綺麗な画面で見ることができるというのは、すばらしい。
  • iPhone用アプリも動くそうですが、それをわざわざ使うよりはやはりiPad対応を待ちたい気にさせてくれる。iPad 用アプリはまだまだこれから本命が出て来るかな、という雰囲気。Google Reader クライアントも、Twitter クライアントも、To Do管理アプリも、ほとんどのカテゴリでまだまだコレぞというアプリがない気がする。数年前にApp Store が開店した頃を思わせる未開の状態。がんばれデヴェロッパー!いやあ、WWDC にバルマーさんがきて、Developers! と叫んで欲しかったなあ。
  • ひとまず純正ケースを使用してますが、薄さと適度な傾斜で置ける機能性は及第点だと思う。すべり止めをかねてああいう素材を使ったんでしょうけど、机の上がいかにホコリっぽいかを再確認させてくれる、という思わぬ機能もあったりします。
  • 電池の持ちは噂通り。配達時に90%超の残量だったはずですが、まだ充電してません。

iPad と同期するアプリを一括で選択・選択解除する

ご不在iPadをゲットした皆さまはアクティベイトにいそしんでいる今日この頃、お慶び申し上げます。
私のiPadちゃんは、ただいまクロネコが預っておるようです。うう、早く帰って取りに行っちゃおうかな…

ところで、iPadに限らず、iPhone、iPod touchも新規に同期させるとiTunesライブラリに入っているアプリを全て同期しようとしちゃいますので、これはかなり困ります。実際私も困りました。で、実は、同期するアプリを選択するチェックを一括して選択・選択解除するには、実は(大事なことだから2回言いました)⌘(コマンド・キー)を押しながらクリックすると良いらしいです。え?Windowsはどうするって?知りません…

便利なTipsなのですが、あまり知られてないですね。てか、私もつい最近Twitter経由で知りまして、まだ試してはいないのですが、TLで紹介したら、できた、という報告もありましたので。

では、皆さま、良きiPadライフを!

出荷準備中

というわけでふと気がついてみると今朝の段階ですでにステータスは出荷準備中であります。今になって考えてみるとケースは純正ケースが先行していることもあるのか、サードパーティがなかなかがんばって良いものを出しているようで、純正ケースを同時購入することもなかったか、とも思うのですが、それほど頻繁に持ち歩くわけではないだろうし、まあとりあえず純正ケースで我慢してみるかな、などと考えております。
iPad君が到着したら、長らく働いてくれた大福iMacさんには引退してもらうことになるかな。
ああ、iTunesカードも仕入れておかないとなあ。
などとあれこれ考える到着直前の今の時期が楽しいですね。