カテゴリー : iOS

iOS9.3 とMDR EX750BT

e38395e382a1e382a4e383ab202016-03-31201520172051 music が始まってしばらくの間、iPhone と iPod 2台持ちで暮らしていましたが、iOS 9.3 が出たのを機会に、もう一度 iPhone だけの生活に戻ってみました。
というのは、9.2までは一部のスマートプレイリストを一括ダウンロードしようとすると music アプリが落ちるという問題が発生していたのですが、どうやら 9.3 でそれが解消された模様。スマートプレイリストを一括してダウンロードしておけば、プレイリストのライブアップデートにより順次中身が入れ替わり、Wi-Fi に接続すると勝手にダウンロードして入れ替えてくれるので、母艦につないで同期する手間が省けて非常に都合が良いのです。
こうして iPhone を音楽プレイヤーとして使うようになるとやはりイヤフォンの線が目障りになってくる。なにやら次期新機種ではそもそもイヤフォンジャックすらなくなるとかなんとか。
で、ついつい買ってみました、h.ear in Wireless 。
お値段はソニーの最新機種だけあってそれなり。同型番の有線イヤフォンがすでに9,000円割るくらいのお値段になっているのに、ちょっと高いかな、という気もします。
筐体はプラスチックですからまあ質感は高級ではないにせよ、梨子地の入った表面処理で遠目にはさほどチープさは感じられません。首かけ部のデザインはすっきりしていて好印象。
肝心の音は、意外と良いです。今までありがちだったいかにも低音をブーストしたような妙な味付けがなくて、全帯域にわたって平均的な伸びが感じられる爽やか系とでもいいましょうか。これが今の「ハイレゾ」流行の音作りなんでしょうね。それと、遮音性がかなり高い。普通の丸型シリコンイヤーピースだったのでそれほど遮音性は期待していなかったのですが、これも意外でした。この機種を装着して自転車になんか乗ったら危険きわまりない、という印象。
電源のオンオフ、BT接続時に “Power On” とか “Bluetooth Connected” とかいちいち英語で言ってくるのも最近の流行りなんでしょうか。
特に防水・防滴に気を配った風もないしすでに書いた通り遮音性が高いので、スポーツ用には不向きですが通勤用には重宝しています。

ライブラリに追加した曲を iOS 機に自動でダウンロードする

Apple Music 開始からはや半年。おかげさまで新譜もいままでになくチェックしているこの頃です。

ところで、出先ではストリーミング環境がないので、出がけに曲をダウンロードしておかないといけないのが微妙に手間がかかるんですよ。と、つい数日前まで私は思っていました。

しかし、実はスマートプレイリストをダウンロードしておくと、スマートプレイリストの中身が更新されるとプレイリスト内の曲は自動でダウンロードされるんですね。これは意外に便利。たとえば、☟のような条件で、Apple Music で未再生の曲だけを集めたプレイリストを作っておきます。

151221-0002

で、このプレイリスト全体を iPhone 上でダウンロードしておけば、新しく曲をライブラリに追加するたびに、自動でその曲がダウンロードされるようになります。

おお、これは意外に使える小ネタですね。

iTunes Match その後

突然のサービス開始からマッチ完了まで数日かかったわけですが、ようやく前回の記事の翌日ころにはマッチしなかった曲のアップロードも完了した模様。
せっかくお金も払っているわけですし、まずはここらで前に購入した曲でDRM付きのm4pファイルのままになっている曲を改めて落としなおしてみることに。これはスマートプレイリストで条件に「種類」を指定して「保護された」を含む曲を集めると出てきます。
140510-0001
↑ 私が作ったスマートプレイリストはこんな感じですね。
あとは、マッチした曲からさらにビットレートの低い曲を集めるとこれも置き換え対象というわけですが、まだここはプレイリストだけ作って置き換え作業はほとんどやってません。
140510-0002
↑ 低ビットレートの曲を集めたプレイリストはこんな感じでしょうか。
さて、何と言っても iTunes Match の売りはどこからでも自分のライブラリにアクセスできる、ということなので、あまり使用していない初代 iPad や普段持ち歩く iPhone なども試しに Matchをオンにしてみました。そう、オンにしてみました、が。。よくわからないのですが、どうもスマートプレイリストの一部の条件がデバイスごとに違って判断されているらしく、複数デバイス間でスマートプレイリストの中身がそれぞれ結構違うんですね。あと、再生回数・再生日時もどの時点で iCloud に行くのかちょっとよくわからない。昨日の夜に聞いた曲の再生日時は今日の昼には母艦 Mac mini に反映されていましたが、 今日の午前から昼までの間にiPhoneで再生した曲の再生日時・回数はまだ母艦には反映されていないようでした。
スマートプレイリストをどう扱うかについてはいろいろな考え方はあるでしょうが、iTunes Match が一人一ライブラリというものであるなら、スマートプレイリストもデバイスごとというよりはライブラリ全体を通じて条件付けされて、どのデバイスでも中身の曲が同期されるようにすべきではないかな、と思います。つまりライブラリ全体が iCloud経由でどこからでもアクセス可能だとしても、どこかに一つ、メインのライブラリが決められているべきなのではないかな、と。
というような感想をもったので、家用に初代iPadのみMatchをオンにすることにして、外に持ち歩く iPhone はひとまず Match はオフにしておきました。

Match 完了までの長い道のり

画像
サービスイン初日は混雑もあったのか、いっこうにマッチングが進まない iTunes Match でしたが、連休ということでちょっと間を置いて今朝の11時過ぎ頃から再度挑戦。各所で報告があるように、単に停止するより、一度 iTS からサインアウトして、再度サインインしてからiTunes Match を再度オンにする方が反応が早いような気がしました(そうでないと、「情報をAppleに送信中…」あたりで止まる時間が長くなるようです)。
あと少し、というところで進まなくなるので何度かサインアウト、サインインを繰り返して本日午後4時30分近くになってようやくステップ2まで終了して、マッチしなかった曲のアップロードが始まりました。曲数8437曲中、マッチした曲と購入した曲は合わせて5300曲ちょい。想像していたよりはマッチしたかな、という感想。ただ、これも各所で言われているように同じアルバムでもマッチした曲しない曲があったり、これは明らかに iTS で買ったはずなのにマッチしていない曲もあったりして、そのあたりの判定のキモが何なのか、正直よくわからないところも。
まあいずれにせよ、今まで低ビットレートの mp3 で我慢していた曲をこれからスマートプレイリストで集めて置き換えていこうかな、と思っている次第。iCloud越しの使い勝手というのはちょっと試してみないとわかりませんが、それにはまずiOS機のプレイヤーとしての音質はもう少しがんばってほしいところ。そこがクリアされたら iPod Classic もついにディスコンとなるのでしょうかね。

iTSカードお得情報をリマインダーに

reminder記憶によれば確か iOS6 から追加されたリマインダーですが、実はほとんど使っていませんでした。なぜかというと入力が面倒だったのです。そんなわけでしばらく放置してきたのですが、最近、iFTTTから自動投稿?できることが判明して、ようやくちょっとだけ使うようになりました。
今日は、iTSお得情報を Twitter から iOS のリマインダーに流すようにしてみたのでメモしてみます。

iFTTT のチャンネルをみると、iFTTT が Twitter から拾えるのは基本的に自分のつぶやきだけのようで、特定のユーザのつぶやきを直接 iFTTT が取得することはできないらしい。以前は Twitter からRSSフィードを取得することもできましたが、今は公式にはそれもなくなっています。仕方がないのでここは、特定の Twitter ユーザのつぶやきからフィードを生成するウェブサービスを利用することに。調べるといろいろ方法があるようですが、ここではRSS it for Me! – RSS generator for Twitter を利用して、ユーザ名のところに “Readeem” (アットマークは要らないみたい)と入れて”Get RSS” ボタンを押してみます。そうすると、お得情報つぶやきbot(人力じゃないよね??)である @Readeem のつぶやきからRSSフィードが  http://www.rssitfor.me/getrss?name=Readeem というURLで取得できるようになるので、これを利用します。こうしてRSS更新がリマインダーに流れるように設定する、というわけ。

しかし、さきほど試したばかりなので、実を言うとまだ肝心のお得情報の更新がありません。うまく動いたらおなぐさみ。