カテゴリー : Headphones

iOS9.3 とMDR EX750BT

e38395e382a1e382a4e383ab202016-03-31201520172051 music が始まってしばらくの間、iPhone と iPod 2台持ちで暮らしていましたが、iOS 9.3 が出たのを機会に、もう一度 iPhone だけの生活に戻ってみました。
というのは、9.2までは一部のスマートプレイリストを一括ダウンロードしようとすると music アプリが落ちるという問題が発生していたのですが、どうやら 9.3 でそれが解消された模様。スマートプレイリストを一括してダウンロードしておけば、プレイリストのライブアップデートにより順次中身が入れ替わり、Wi-Fi に接続すると勝手にダウンロードして入れ替えてくれるので、母艦につないで同期する手間が省けて非常に都合が良いのです。
こうして iPhone を音楽プレイヤーとして使うようになるとやはりイヤフォンの線が目障りになってくる。なにやら次期新機種ではそもそもイヤフォンジャックすらなくなるとかなんとか。
で、ついつい買ってみました、h.ear in Wireless 。
お値段はソニーの最新機種だけあってそれなり。同型番の有線イヤフォンがすでに9,000円割るくらいのお値段になっているのに、ちょっと高いかな、という気もします。
筐体はプラスチックですからまあ質感は高級ではないにせよ、梨子地の入った表面処理で遠目にはさほどチープさは感じられません。首かけ部のデザインはすっきりしていて好印象。
肝心の音は、意外と良いです。今までありがちだったいかにも低音をブーストしたような妙な味付けがなくて、全帯域にわたって平均的な伸びが感じられる爽やか系とでもいいましょうか。これが今の「ハイレゾ」流行の音作りなんでしょうね。それと、遮音性がかなり高い。普通の丸型シリコンイヤーピースだったのでそれほど遮音性は期待していなかったのですが、これも意外でした。この機種を装着して自転車になんか乗ったら危険きわまりない、という印象。
電源のオンオフ、BT接続時に “Power On” とか “Bluetooth Connected” とかいちいち英語で言ってくるのも最近の流行りなんでしょうか。
特に防水・防滴に気を配った風もないしすでに書いた通り遮音性が高いので、スポーツ用には不向きですが通勤用には重宝しています。

新年明けまして…

…おめでとうございます。

毎年末になると、Wordpress からブログ更新状況・アクセス状況を振り返るお便りがとどきます。それによると昨年は1年間で8記事の投稿。順調に滞りつつある当Blogでありますが、お読みくださる物好きの皆様には本年もよろしくお願いします。

iPod Classic ディスコンの悲報の一方で、ハイレゾとやらでポータブル・オーディオは高級化路線とスマホでいいや路線の二極化が進行中。そんななかで iPod nano を持ち歩いていた私でしたが、昨年末、ついに持ち物を iPhone ひとつに絞ってみました。 iPhone にイヤフォンを直刺しもまずまず悪くありませんが、やはりここはヘッドセットを使うべきでしょう。ということで、Audio Technica のATH-CKS77XBTという製品を買ってみました。

今まではイヤフォン交換可能なレシーバー型を好んで購入して来たのですが、レシーバー型では結局持ち物が減った気がしないのと、日常使用のイヤフォンを使うので、イヤフォン直刺しのときの音と無意識に音質を比べてしまって、音楽を楽しめないんですね。そこで今回はえいやっと、イヤフォン交換不可の首掛け型の本機を導入。AACコーデック対応というのも、実は効果がよくわからないけど、魅力的。

使用感はまずまず。iPhone から電池残量が確認できたり、真ん中長押しで Siri が起動できたり、iOS との親和性が高い。ヘッドセットの音量調整スイッチで iPhone 本体のボリュームが変化するのも、なかなか好印象。前に使用していたヘッドセットではヘッドセットのボリュームとiPhoneのボリュームとが別々に動くのが気持ち悪かったですから。

音質は「ソリッド・ベース」の謳い文句のようにやや低音強調型ですが、高音もそれなりに。低音強調というとロック系向きのように思われますが、実はそっち系の音楽はもともと低音強調録音だったりしてモコモコしがちになることもあるようで、むしろクラシック音楽が意外にきれいに聞こえます。音楽のエネルギー感が若干不足する感じもしますが、音質はBTワイヤレスとしてまずまず及第点ではないかと。音の途切れも通常使用ではほとんど経験しません。

弱点としては、マイク・リモコン部がちょうど頬のあたりにきて、ほっぺたをぺちぺちしちゃう。これはちょっと実際に使ってみないと分からなかったですね。あと、持ち運び時に予想以上にかさばる。まあポケットに入りますが。防水・防滴でもないので、そのあたりも注意。首掛け式ではありますが、スポーツ時の使用を意識した製品ではありません。

当面はこちらのヘッドセットと音茶楽または Fostex のイヤフォンの併用という感じで音楽を聴いています。

A Happy New Ear ! 音茶楽 SpinFit

Photo 195先日、愛用していたイヤフォンの音茶楽 FLAT4 粋の片チャンネルの音が出なくなってしまいました。しかも保証期間1年をぎりぎり越えてから。。
普通のイヤフォンならここで別のイヤフォンを探すところですが、約3万円の高級イヤフォンですし、繊細かつきらびやかな音は他には代え難い。ということでメーカーさんに相談してみたところ、修理代は7000円+消費税とのことで、修理を依頼しました。そして、修理のついでに音茶楽さん限定販売のイヤーチップ、SpinFitをお分けいただくことをお願いして修理品と一緒に送っていただきました。ちなみに、FLAT4の修理品をこちらから音茶楽さんに送付してから修理完成品が届くまでちょうど1週間ほどで、迅速かつ丁寧なご対応をいただきました。このあたり、小回りの効く国内メーカーならではのアフターケア。改めて良い買い物をしたと思いました。

半透明のカップの中に明るいオレンジのダクトが見えて、水菓子のような外観が美しい。で、その秘密というのはダクトとカップの接合部付近にくびれた部分があって、その部分がバネのように働くので、装着したときにカップが外耳道の形に沿って曲がり、より奥に挿入されるのだそうだ。と言葉で説明するのも面倒なので、こちらの製品付属パンフ(PDF)をご参照あれ。

装着してみると確かに他の一般的なシリコン製丸形イヤーチップに比べ、さらに一段階深く入ってくる感じ。Etymotic Research の3段キノコ並みに深く入るような気がします。音は確かに明るくなるようです。第一印象ではコンプライのフォームチップに比べると低音が弱い感じでしたが、FLAT4に装着しつついろいろな音源を聴いていくうちにハマってきた。何がはまるかというと、華やかでしかもきつくない、FLAT4の特徴ある高域がよりきれいに表現されるのです。しばらく聴いてみて、第一印象で低音が弱い気がしたのは、むしろコンプライでは高音が減衰した結果なのかな、と思いました。
FLAT4故障中に代打をお願いしていた、FOSTEX TE-05に付けてみると装着性が向上し、高域・低域ともに持ち上げられてきて、これも良い感じ。

ちょっと手に入りにくいのが難点ですが、これはおすすめです。

FOSTEX TE-05

画像

ふと気がつくと、昨年12月以来更新が途絶えているわけですが、あれよあれよという間に消費税増税は明日に迫っています。
というわけで増税前の駆け込みお買い物のうち、FOSTEX TE-05 について徒然なるままに。

開発が公表されて試作機がお目見えしたのはたしか昨年春のヘッドフォン祭りで、「1万円前後」という価格でありながらケーブル交換式という意欲作、夏までには発売というふれこみだったわけですが、結局若干発売がずれ込んで昨年末頃突然のお披露目。価格も14800と当初の「1万円前後」のお約束をかろうじて守ったというべきか。
F○○○YAエービックのオンラインショップでは現在1500円引きクーポン付きのようですが、量販店大手ビック○メラでは、500円のヘッドフォン販促パンフを買えば1000円引きクーポンがそこについてるから結局500円引き+ポイント10%だよ、ということで、結局妻バレを嫌ってビ○クカ○ラにてお買い上げ。

現状、当方のイヤフォンは音茶楽のFlat4粋がメインで、さすがにそれと比べるのはちょっとかわいそうかも知れませんが、Flat4粋にはない線の太さがあります。クラシックギターなどはややきびしいけど、テナーサックスなら艶かしさもうまく表現できるという音の雰囲気。売れ筋価格帯でありがちなドンシャリした音ではなく、フラットというかやや中音に重心のある音づくり。「空気感」を表現する繊細なタイプではありませんが、情報量を適度に抑えつつ音楽の要となる音に狙いをつけた味付け、とでも言いましょうか。ケーブルも固すぎず柔らかすぎず、グレーのアミアミを透明ビニル皮膜で覆ったルックスも悪くない。ただ不満があるとすれば、遮音性の低さ。Flat4も遮音性は低いけれどさらに一段上(下?)の環境音透過性能です。遮音性重視の方はお買い上げ前にちょっと試してみた方がよさそう。あとは半円形シリコンイヤーピースに共通な悩みとして、フィット感が今イチなのですが、この辺はケーブルをいったん耳上に回すいわゆるシュア掛けで解決するようです。

TE-05のレビューを探してみて見ると、一部にえらく絶賛するようなレビューもあるようですが、手に入れてみるとそこまで絶賛するほどかな、という気もします。まあこのあたりは使っているうちに変わってくることもあるので(イヤフォンがエイジングされるのか、こっちの耳が慣れるのかわかりませんが)良いとか悪いとか断定はできませんが、私の個人的好みから言うとこの価格帯ならむしろヤマハのEPH-100の方が好きかも。こいつは実はここ数ヶ月行方不明なんですが、どこからか出てこないかなあ。。いやもちろんFOSTEX TE-05もこの値段でこの音でこの作りなら良い製品であることは間違いないです。

harman /kardon AE

Photo 128新iPhoneの発表とか、今度はどこもiPhoneを出すとか盛り上がってるようですが、いつものように我が道を行きたいと思います。

さて、大枚はたいて買った音茶楽さんの直前に使っていたイヤフォンが、 harman /kardon AE というやつ。” Extended Bass ” と銘打たれているだけあって、どちらかというと低中音寄りの音。ベースラインの動きがよく感じ取れますし、ボーカルも前に出る感じで出てくるので歌ものには良いかも。しかしさすがに音茶楽の粋に比べると高音の華やかさに欠けるのと、はじめのうちは、いまひとつ音の分離が良くないというか何か全体に薄皮をかぶせたようなもやもや感があって、実はそのせいで音茶楽にまで行ってしまった、ということもあるのですね。

で、ちょっと事情があっていったん「粋」にお休みをしてもらってもう一度取り出して、iPod classic につなげてみました。もちろんお値段が3倍ほどもある「粋」と同じ土俵で比べるわけにはいきませんが、付属してくるコンプライのイヤーピースを使うと遮音性は断然こちらが上なので、移動中に音楽を聴く分にはAEもけっして悪くないと思います。若干高域下がり気味なのも、音源によってはかえって音源自体のアラを隠す方向で働くので、一概に悪いとも言えません。40~50年代のオールド・ジャズあたりは低域が補強されつつヒスノイズが減少するので、なかなかいい味を出してきます。そんなことをつぶやいたら、TL上で「JBLのパラゴンみたい」という感想をいただきました。モニターとして音の良し悪しをそのまま表現するよりは、楽器のような音作りという意味ではそうなのかもしれませんね。まあ私はパラゴンとか実物は見たことないんですけど。

モノの造りとしても対照的なところがあって、「粋」のようなソフトなケーブルではなくAEには固めのケーブルが使用されています。やや取り回しに難があるという評もありますが、一方で固めのケーブルはからみにくいという利点もあるのでこれはもう好みの問題かも。私は決して嫌いではないです。

そんな訳で、華やかな音の反面、音源の良し悪しをダイレクトに伝えてくる「粋」と、やや地味ながら音源のアラをうまく隠して「音」の良し悪しでなく「音楽」に目を向けさせてくれるAEと、使い分けてみる今日この頃です。

音茶楽 Flat-4 粋

さて、WWDC でベールを脱いだ iOS 7 はともかくとして、父の日が近づいてきたわけですが、父の日だからといって贈り物をくれる人がいるわけで無し、しょうがないので自分で自分に贈り物を。

何にしようかというと先ず思い浮かぶのはやはり普段使いのイヤフォン。約1年ほどの間メインで使っていたYAMAHA EPH-100 をどうも落としてしまったらしく、手元から消えてしまい、その後を引き継ぐイヤフォンがまだ決まっていない。今までいろいろ使ってきて、結構気に入っていたのは Etymotic Research のものなんですが、ER の1万前後クラスの商品はやや造りが雑で断線が多いという難点も。そこでいっそのこと、今回は音質に不満があってレビューもしなかった(ゴメンね) ZIK とレビューはしたけど、特殊なカタチゆえに装着感に難があってその後あまり使わなくなった XBA BT75 を売りに出し、その買取り代金で音茶楽さんのイヤフォンに挑戦。
挑戦、というのも扱いが限られていて試聴できる場所が近くにないんですよね。しかしネット上の評判は上々。その上今年から上位バージョンの「玄」が出て、「粋」は価格改定で二つのBT系製品をドナドナした買取り価格とほぼ互角のニッキュッパに!298ですよ、奥さん!
価格改定もそうですけど、決め手は上に置いた開発者のインタビューでした。この人は営業職はできないねえ、という素朴な語り口ですけど技術的にはよくわからないけどなんだか凄そう。そして開発にいたる発想が「お茶の葉っぱが捻じれていた」とか「スピーカにストロー差してみたら音が変わった」とか「イヤフォンを二つくっつけてみたらいい音が出た」とか、もう何か戦後日本モノ造りの系譜ですよね。

というわけで昨日の夜着いたばかりでまだまだ第一印象でしかありませんが、これは今まで聴いていた音楽をもう一度全部聞き直したくなりますね。「おや、こんなところでギターがひそかにハーモニクスを出してたんだ」「あ、ここ編集して繋いであるじゃん」みたいな発見があります。実際、昨日は iTS で買ったばかりでまだ聞いていない曲もあったのですがあえてそれは置いておいて、全曲シャッフルして聞きました。低音も低いところから出ているけれども決して中高域をジャマするわけでなし、高音もかなり上まで伸びているようですがさほどきつい感じはない。特にパーカッションやドラムセットはそれぞれの打楽器の材質の違いが鮮明に聞こえてくる。例えばコンガの音ですら、手が皮に当たる音、皮が振動する響き、さらに皮の響きが胴に伝わって胴が鳴る音、それらが見えるように鳴るのです。
これは気に入りました。音楽を聴くのが楽しくなる、そんなイヤフォンです。あえて難を言うとすれば、最近はやりのリモコンがないので左右がやや分かりにくいことくらいでしょうか。

Bowers & Wilkins P3

B&W P3

新製品の発売というとたいていどこかしらのニュースサイトに載ると思うんですけど、日本語サイトでP3の発売を告知するサイトは、当のApple Storeを除くとほとんど見当たらないような気がします。しかしともかく、ストア先行発売ということで、B&W ブランドのヘッドフォンとしては2010年発売のP5の弟分ともいうべきP3が先週末から日本でも発売になったようです。
ということを暑くて寝苦しい先週土曜の早朝、iPhoneのApple Store アプリで発見して思わずポチッとしてしまったわけであります。
と、いうのも日ごろ辛口のiLoungeのレビューがいつになく好意的だったので、しばらく前から気になっていたんですよね。
オーバーヘッド型としては非常に小ぶりな造りですが、洗練されたデザイン。p5では本革で高級感を醸し出していましたが、こちらはシリコーンラバー(?)と布の外装。左右のユニット部分はアルミでしょうか、ヘアライン処理の上に Bowers & Wilkins のロゴがキラリと光ります。宣伝によると折り畳めば上着のポケットにも入る、と。まあ大きめのポケットなら入らないことはないでしょうが…いずれにせよ持ち運びには付属のハードケースがしっかりしていて、なかなか良さげです。
肝心の音は、まだ1時間も使っていないのであくまで第一印象ですが、低音が豊かでよく鳴ります。ウッドベースの弦がブゥーンと鳴るのが心地よい。それにくらべると高域はややおとなしいでしょうか。いわゆる「ドンシャリ」ではなく、全体として中低音にフォーカスした音作りのようです。遮音性は、さすがに耳穴にシリコンプラグを突っ込むカナルタイプには負けますが、耳たぶ全体を上から覆う形状が良いのか、そこそこ地下鉄での使用に耐える程度と言えるのではないでしょうか。(※ 追記あり)
難点を挙げるとしたら、コードがちょっと安っぽい感じで、プラグも真っ直ぐなので断線しそうな気がします。あとは頭への締めつけがやや強めかと。後者の問題はまだ使い始めだからかもしれませんが。
実は今まで通勤時の音楽再生にオーバーヘッドタイプのヘッドフォンを使用したことはないのですが、イヤフォンとはまた違う音場感が楽しめるので、しばらくこちらをメインで使ってみようと思います。

(8/7 追記)
遮音性について「そこそこ地下鉄での使用に耐える」という部分は、個人差があると思います。P3を装着しても環境音は普通に聞こえてきます。遮音性を重視するなら他の製品を選択するのが賢明でしょう。