カテゴリー : Gadget

iOS9.3 とMDR EX750BT

e38395e382a1e382a4e383ab202016-03-31201520172051 music が始まってしばらくの間、iPhone と iPod 2台持ちで暮らしていましたが、iOS 9.3 が出たのを機会に、もう一度 iPhone だけの生活に戻ってみました。
というのは、9.2までは一部のスマートプレイリストを一括ダウンロードしようとすると music アプリが落ちるという問題が発生していたのですが、どうやら 9.3 でそれが解消された模様。スマートプレイリストを一括してダウンロードしておけば、プレイリストのライブアップデートにより順次中身が入れ替わり、Wi-Fi に接続すると勝手にダウンロードして入れ替えてくれるので、母艦につないで同期する手間が省けて非常に都合が良いのです。
こうして iPhone を音楽プレイヤーとして使うようになるとやはりイヤフォンの線が目障りになってくる。なにやら次期新機種ではそもそもイヤフォンジャックすらなくなるとかなんとか。
で、ついつい買ってみました、h.ear in Wireless 。
お値段はソニーの最新機種だけあってそれなり。同型番の有線イヤフォンがすでに9,000円割るくらいのお値段になっているのに、ちょっと高いかな、という気もします。
筐体はプラスチックですからまあ質感は高級ではないにせよ、梨子地の入った表面処理で遠目にはさほどチープさは感じられません。首かけ部のデザインはすっきりしていて好印象。
肝心の音は、意外と良いです。今までありがちだったいかにも低音をブーストしたような妙な味付けがなくて、全帯域にわたって平均的な伸びが感じられる爽やか系とでもいいましょうか。これが今の「ハイレゾ」流行の音作りなんでしょうね。それと、遮音性がかなり高い。普通の丸型シリコンイヤーピースだったのでそれほど遮音性は期待していなかったのですが、これも意外でした。この機種を装着して自転車になんか乗ったら危険きわまりない、という印象。
電源のオンオフ、BT接続時に “Power On” とか “Bluetooth Connected” とかいちいち英語で言ってくるのも最近の流行りなんでしょうか。
特に防水・防滴に気を配った風もないしすでに書いた通り遮音性が高いので、スポーツ用には不向きですが通勤用には重宝しています。

広告

ライブラリに追加した曲を iOS 機に自動でダウンロードする

Apple Music 開始からはや半年。おかげさまで新譜もいままでになくチェックしているこの頃です。

ところで、出先ではストリーミング環境がないので、出がけに曲をダウンロードしておかないといけないのが微妙に手間がかかるんですよ。と、つい数日前まで私は思っていました。

しかし、実はスマートプレイリストをダウンロードしておくと、スマートプレイリストの中身が更新されるとプレイリスト内の曲は自動でダウンロードされるんですね。これは意外に便利。たとえば、☟のような条件で、Apple Music で未再生の曲だけを集めたプレイリストを作っておきます。

151221-0002

で、このプレイリスト全体を iPhone 上でダウンロードしておけば、新しく曲をライブラリに追加するたびに、自動でその曲がダウンロードされるようになります。

おお、これは意外に使える小ネタですね。

Kensington SlimBlade Trackball

72327_1 実は Magic Mouse が出るまではトラックボール派だったのですが、またトラックボールに戻ってみようと思いました。
Magic Mouse の前に使っていたのは親指ボール方式の Trackman という商品。前は結構気に入っていたつもりなのですが、しばらくぶりに使ってみると親指ホール方式はボールのコントロールがなかなか難しい。そこで今度はえいやっと奮発して、1万円ほどもするケンジントンの SlimBlade という商品を買ってみました。
もうかれこれ4年くらいモデルチェンジのない商品で、パッケージには、Windows XP とか Mac OS X 10.4.11 とか書いています。最初、つないでみるとなぜかクリックができなくて、ボタン設定を変更してようやくクリックができるように。
スクリーンショット 2015-12-07 13.45.57なぜか既定の設定はどのボタンにもクリックが設定されていないんですよね。他のみんなはマウスと併用しているのか!
ということで最初の使い始めはやや戸惑いましたが、そこをクリアしたらあとは快調。大きめのボールを手のひらで回すのはどこかツボ押しボールにも似て心地よいですし、ボールを回す独特のスクロール操作もなかなか良い。かなり前から気になっていたのですがこの種のデバイスとしては高価な部類なので躊躇していましたが、これならもっと早く買えば良かった。

iPod nano カラバリ変更

150716-0001噂通りにiPod touch がパワーアップ、ついでに nano と shuffle はカラーバリエーションが変更されました。

touch は128Gバージョンも追加され、カメラも強化したとのこと。とりあえず、iPod touch ファミリーは、iOS の走る入門機として土俵際で生き残った模様。

nano と shuffle は生き残ったと言えば生き残ったけれど、本当にカラバリ変更だけだったらしく、MUSIC の対応も見送られたようで。カラーもカラフルな色はブルーとピンクと(PRODUCT) RED だけ。以前のようなグリーンやオレンジ、パープルなんかはもう出さないんでしょうか。カラーバリエーションを全部並べてみても前のように美しくはないのがなんとも残念。UI も相変わらず IOS6 以前のスキューモーフィックなデザインのまま。MUSIC 対応もそうだけど、せめて中身のデザインも Apple Watch に似せるとかして欲しかったところ。まあ今頃は次の iOS と Watch OS の開発がいそがしいんでしょうけどね。。そろそろ Apple Watch の販売も落ちてきているとの話もあるようですし、この際、nano の中身をもっと Apple Watch に近づけたら、iPod ユーザがやがて大きくなったら Watch を購入する層に育つんではないでしょうかね。果たしてその頃にWatch とか iPod とかの製品ジャンルがまだ生き残っているのかどうか、 という問題はありますが。

Belkin iPhone ドックスタンド

何やら数日前に社純正の lightening dock が発売されたそうですが、実はちょうど私も Belkin のドックスタンドを買ったところでした。長い間、ケーブル直差しで使っていたのですが、ケーブルのコネクタ付け根部分が劣化して被覆が裂けてきてしまったので、ちょうど替え時だなということで。密林ドットコムで送料含め1700円ほど。量販店のサイトで見ても倍くらいのお値段ですし、純正ドックと比べると3分の1近い安値でしたが、古く HDD iPod 愛用時代から周辺製品でお世話になっているベルキン殿の製品で、社の認証も当然取得していますので安心できそうです。

お値段以外にも社純正より良さげなところは幾つかあります。

  • ケーブル一体型なので、別にlighteningケーブルを買う必要なし。
  • iPhone を設置した時に背もたれがある(純正ドックは背もたれがないんですね!)ので、lighteningコネクタにやたらに力が加わって破壊される恐れがない、と思われる。
  • iPhoneを設置した時に、底面がやや浮き上がるので、iPhoneの底面にある、スピーカ穴、マイク穴を塞がない。
  • 純正ドックにある音声出力ステレオミニプラグ穴はありません。まあ音声入出力は青歯接続もあるので、イマドキそれほど重要視する必要がないのではないかと。

と、いうわけで、純正ドックの発売を知らずに購入したのですが、純正ドックのレビュー記事を見て、思わず「勝ったぜ」とニンマリしてしまった次第であります。

新年明けまして…

…おめでとうございます。

毎年末になると、Wordpress からブログ更新状況・アクセス状況を振り返るお便りがとどきます。それによると昨年は1年間で8記事の投稿。順調に滞りつつある当Blogでありますが、お読みくださる物好きの皆様には本年もよろしくお願いします。

iPod Classic ディスコンの悲報の一方で、ハイレゾとやらでポータブル・オーディオは高級化路線とスマホでいいや路線の二極化が進行中。そんななかで iPod nano を持ち歩いていた私でしたが、昨年末、ついに持ち物を iPhone ひとつに絞ってみました。 iPhone にイヤフォンを直刺しもまずまず悪くありませんが、やはりここはヘッドセットを使うべきでしょう。ということで、Audio Technica のATH-CKS77XBTという製品を買ってみました。

今まではイヤフォン交換可能なレシーバー型を好んで購入して来たのですが、レシーバー型では結局持ち物が減った気がしないのと、日常使用のイヤフォンを使うので、イヤフォン直刺しのときの音と無意識に音質を比べてしまって、音楽を楽しめないんですね。そこで今回はえいやっと、イヤフォン交換不可の首掛け型の本機を導入。AACコーデック対応というのも、実は効果がよくわからないけど、魅力的。

使用感はまずまず。iPhone から電池残量が確認できたり、真ん中長押しで Siri が起動できたり、iOS との親和性が高い。ヘッドセットの音量調整スイッチで iPhone 本体のボリュームが変化するのも、なかなか好印象。前に使用していたヘッドセットではヘッドセットのボリュームとiPhoneのボリュームとが別々に動くのが気持ち悪かったですから。

音質は「ソリッド・ベース」の謳い文句のようにやや低音強調型ですが、高音もそれなりに。低音強調というとロック系向きのように思われますが、実はそっち系の音楽はもともと低音強調録音だったりしてモコモコしがちになることもあるようで、むしろクラシック音楽が意外にきれいに聞こえます。音楽のエネルギー感が若干不足する感じもしますが、音質はBTワイヤレスとしてまずまず及第点ではないかと。音の途切れも通常使用ではほとんど経験しません。

弱点としては、マイク・リモコン部がちょうど頬のあたりにきて、ほっぺたをぺちぺちしちゃう。これはちょっと実際に使ってみないと分からなかったですね。あと、持ち運び時に予想以上にかさばる。まあポケットに入りますが。防水・防滴でもないので、そのあたりも注意。首掛け式ではありますが、スポーツ時の使用を意識した製品ではありません。

当面はこちらのヘッドセットと音茶楽または Fostex のイヤフォンの併用という感じで音楽を聴いています。

Wish we could say more…

140903-0001一週間前なのでそろそろひとこと。いわゆるウェラブル・デバイスが出るとか出ないとか様々な噂が出ているようですが、この招待状を見ればそれはもう書いてあるような気がするのですがね。つまり、日付が大きく書いてあって、その下に “Wish we could say more. ” とあるわけですが、「日付」のほかにもっと言いたいことがあるとしたらつまりそれは「時刻」でしょって。