新年明けまして…

…おめでとうございます。

毎年末になると、Wordpress からブログ更新状況・アクセス状況を振り返るお便りがとどきます。それによると昨年は1年間で8記事の投稿。順調に滞りつつある当Blogでありますが、お読みくださる物好きの皆様には本年もよろしくお願いします。

iPod Classic ディスコンの悲報の一方で、ハイレゾとやらでポータブル・オーディオは高級化路線とスマホでいいや路線の二極化が進行中。そんななかで iPod nano を持ち歩いていた私でしたが、昨年末、ついに持ち物を iPhone ひとつに絞ってみました。 iPhone にイヤフォンを直刺しもまずまず悪くありませんが、やはりここはヘッドセットを使うべきでしょう。ということで、Audio Technica のATH-CKS77XBTという製品を買ってみました。

今まではイヤフォン交換可能なレシーバー型を好んで購入して来たのですが、レシーバー型では結局持ち物が減った気がしないのと、日常使用のイヤフォンを使うので、イヤフォン直刺しのときの音と無意識に音質を比べてしまって、音楽を楽しめないんですね。そこで今回はえいやっと、イヤフォン交換不可の首掛け型の本機を導入。AACコーデック対応というのも、実は効果がよくわからないけど、魅力的。

使用感はまずまず。iPhone から電池残量が確認できたり、真ん中長押しで Siri が起動できたり、iOS との親和性が高い。ヘッドセットの音量調整スイッチで iPhone 本体のボリュームが変化するのも、なかなか好印象。前に使用していたヘッドセットではヘッドセットのボリュームとiPhoneのボリュームとが別々に動くのが気持ち悪かったですから。

音質は「ソリッド・ベース」の謳い文句のようにやや低音強調型ですが、高音もそれなりに。低音強調というとロック系向きのように思われますが、実はそっち系の音楽はもともと低音強調録音だったりしてモコモコしがちになることもあるようで、むしろクラシック音楽が意外にきれいに聞こえます。音楽のエネルギー感が若干不足する感じもしますが、音質はBTワイヤレスとしてまずまず及第点ではないかと。音の途切れも通常使用ではほとんど経験しません。

弱点としては、マイク・リモコン部がちょうど頬のあたりにきて、ほっぺたをぺちぺちしちゃう。これはちょっと実際に使ってみないと分からなかったですね。あと、持ち運び時に予想以上にかさばる。まあポケットに入りますが。防水・防滴でもないので、そのあたりも注意。首掛け式ではありますが、スポーツ時の使用を意識した製品ではありません。

当面はこちらのヘッドセットと音茶楽または Fostex のイヤフォンの併用という感じで音楽を聴いています。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。