iTunes Match その後

突然のサービス開始からマッチ完了まで数日かかったわけですが、ようやく前回の記事の翌日ころにはマッチしなかった曲のアップロードも完了した模様。
せっかくお金も払っているわけですし、まずはここらで前に購入した曲でDRM付きのm4pファイルのままになっている曲を改めて落としなおしてみることに。これはスマートプレイリストで条件に「種類」を指定して「保護された」を含む曲を集めると出てきます。
140510-0001
↑ 私が作ったスマートプレイリストはこんな感じですね。
あとは、マッチした曲からさらにビットレートの低い曲を集めるとこれも置き換え対象というわけですが、まだここはプレイリストだけ作って置き換え作業はほとんどやってません。
140510-0002
↑ 低ビットレートの曲を集めたプレイリストはこんな感じでしょうか。
さて、何と言っても iTunes Match の売りはどこからでも自分のライブラリにアクセスできる、ということなので、あまり使用していない初代 iPad や普段持ち歩く iPhone なども試しに Matchをオンにしてみました。そう、オンにしてみました、が。。よくわからないのですが、どうもスマートプレイリストの一部の条件がデバイスごとに違って判断されているらしく、複数デバイス間でスマートプレイリストの中身がそれぞれ結構違うんですね。あと、再生回数・再生日時もどの時点で iCloud に行くのかちょっとよくわからない。昨日の夜に聞いた曲の再生日時は今日の昼には母艦 Mac mini に反映されていましたが、 今日の午前から昼までの間にiPhoneで再生した曲の再生日時・回数はまだ母艦には反映されていないようでした。
スマートプレイリストをどう扱うかについてはいろいろな考え方はあるでしょうが、iTunes Match が一人一ライブラリというものであるなら、スマートプレイリストもデバイスごとというよりはライブラリ全体を通じて条件付けされて、どのデバイスでも中身の曲が同期されるようにすべきではないかな、と思います。つまりライブラリ全体が iCloud経由でどこからでもアクセス可能だとしても、どこかに一つ、メインのライブラリが決められているべきなのではないかな、と。
というような感想をもったので、家用に初代iPadのみMatchをオンにすることにして、外に持ち歩く iPhone はひとまず Match はオフにしておきました。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。