FOSTEX TE-05

画像

ふと気がつくと、昨年12月以来更新が途絶えているわけですが、あれよあれよという間に消費税増税は明日に迫っています。
というわけで増税前の駆け込みお買い物のうち、FOSTEX TE-05 について徒然なるままに。

開発が公表されて試作機がお目見えしたのはたしか昨年春のヘッドフォン祭りで、「1万円前後」という価格でありながらケーブル交換式という意欲作、夏までには発売というふれこみだったわけですが、結局若干発売がずれ込んで昨年末頃突然のお披露目。価格も14800と当初の「1万円前後」のお約束をかろうじて守ったというべきか。
F○○○YAエービックのオンラインショップでは現在1500円引きクーポン付きのようですが、量販店大手ビック○メラでは、500円のヘッドフォン販促パンフを買えば1000円引きクーポンがそこについてるから結局500円引き+ポイント10%だよ、ということで、結局妻バレを嫌ってビ○クカ○ラにてお買い上げ。

現状、当方のイヤフォンは音茶楽のFlat4粋がメインで、さすがにそれと比べるのはちょっとかわいそうかも知れませんが、Flat4粋にはない線の太さがあります。クラシックギターなどはややきびしいけど、テナーサックスなら艶かしさもうまく表現できるという音の雰囲気。売れ筋価格帯でありがちなドンシャリした音ではなく、フラットというかやや中音に重心のある音づくり。「空気感」を表現する繊細なタイプではありませんが、情報量を適度に抑えつつ音楽の要となる音に狙いをつけた味付け、とでも言いましょうか。ケーブルも固すぎず柔らかすぎず、グレーのアミアミを透明ビニル皮膜で覆ったルックスも悪くない。ただ不満があるとすれば、遮音性の低さ。Flat4も遮音性は低いけれどさらに一段上(下?)の環境音透過性能です。遮音性重視の方はお買い上げ前にちょっと試してみた方がよさそう。あとは半円形シリコンイヤーピースに共通な悩みとして、フィット感が今イチなのですが、この辺はケーブルをいったん耳上に回すいわゆるシュア掛けで解決するようです。

TE-05のレビューを探してみて見ると、一部にえらく絶賛するようなレビューもあるようですが、手に入れてみるとそこまで絶賛するほどかな、という気もします。まあこのあたりは使っているうちに変わってくることもあるので(イヤフォンがエイジングされるのか、こっちの耳が慣れるのかわかりませんが)良いとか悪いとか断定はできませんが、私の個人的好みから言うとこの価格帯ならむしろヤマハのEPH-100の方が好きかも。こいつは実はここ数ヶ月行方不明なんですが、どこからか出てこないかなあ。。いやもちろんFOSTEX TE-05もこの値段でこの音でこの作りなら良い製品であることは間違いないです。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。