音茶楽 Flat-4 粋

さて、WWDC でベールを脱いだ iOS 7 はともかくとして、父の日が近づいてきたわけですが、父の日だからといって贈り物をくれる人がいるわけで無し、しょうがないので自分で自分に贈り物を。

何にしようかというと先ず思い浮かぶのはやはり普段使いのイヤフォン。約1年ほどの間メインで使っていたYAMAHA EPH-100 をどうも落としてしまったらしく、手元から消えてしまい、その後を引き継ぐイヤフォンがまだ決まっていない。今までいろいろ使ってきて、結構気に入っていたのは Etymotic Research のものなんですが、ER の1万前後クラスの商品はやや造りが雑で断線が多いという難点も。そこでいっそのこと、今回は音質に不満があってレビューもしなかった(ゴメンね) ZIK とレビューはしたけど、特殊なカタチゆえに装着感に難があってその後あまり使わなくなった XBA BT75 を売りに出し、その買取り代金で音茶楽さんのイヤフォンに挑戦。
挑戦、というのも扱いが限られていて試聴できる場所が近くにないんですよね。しかしネット上の評判は上々。その上今年から上位バージョンの「玄」が出て、「粋」は価格改定で二つのBT系製品をドナドナした買取り価格とほぼ互角のニッキュッパに!298ですよ、奥さん!
価格改定もそうですけど、決め手は上に置いた開発者のインタビューでした。この人は営業職はできないねえ、という素朴な語り口ですけど技術的にはよくわからないけどなんだか凄そう。そして開発にいたる発想が「お茶の葉っぱが捻じれていた」とか「スピーカにストロー差してみたら音が変わった」とか「イヤフォンを二つくっつけてみたらいい音が出た」とか、もう何か戦後日本モノ造りの系譜ですよね。

というわけで昨日の夜着いたばかりでまだまだ第一印象でしかありませんが、これは今まで聴いていた音楽をもう一度全部聞き直したくなりますね。「おや、こんなところでギターがひそかにハーモニクスを出してたんだ」「あ、ここ編集して繋いであるじゃん」みたいな発見があります。実際、昨日は iTS で買ったばかりでまだ聞いていない曲もあったのですがあえてそれは置いておいて、全曲シャッフルして聞きました。低音も低いところから出ているけれども決して中高域をジャマするわけでなし、高音もかなり上まで伸びているようですがさほどきつい感じはない。特にパーカッションやドラムセットはそれぞれの打楽器の材質の違いが鮮明に聞こえてくる。例えばコンガの音ですら、手が皮に当たる音、皮が振動する響き、さらに皮の響きが胴に伝わって胴が鳴る音、それらが見えるように鳴るのです。
これは気に入りました。音楽を聴くのが楽しくなる、そんなイヤフォンです。あえて難を言うとすれば、最近はやりのリモコンがないので左右がやや分かりにくいことくらいでしょうか。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。