Jawbone UP

Jawbone UPiPod の歩数計を追いかけてきた当Blogとしては、やはりこのガジェットは手に入れざるを得ないでしょう。
また、その背中を押した事情もいくつか。これまで歩数計としてはしばらく iPod nano とオムロンのウェルネスリンク対応歩数計を併用していましたが、iPod nano が歩数計をのせた頃に Nike が立ち上げた、Nike + Active はいつの間にか消えてなくなり復活する気配がない。Nike はどうもアスリートとして日々鍛練する若者たちや毎日ジムに通う余裕のあるセレブな人々を相手に商売しているらしく、どうもある日突然生活習慣病を意識し出した私のようなおじさんは眼中にないではないでしょうか。それに、iPod nano がまだクリックホイールというものをのせていた頃には iPod を横にすれば時間軸で歩行量がグラフィックに表示されていたのにそれも今は無くなってしまいました。
一方のオムロンはどうかというと、ずっと iOS 非対応のままでなんだかなあと思っていたら遂にウェルネスリンクそのものが事業を別会社に移してドコモの子会社に!(【重要なお知らせ】 新サービス開始のご案内 | ウェルネスリンク – WellnessLINK )それって、これからも当分 iOS 対応しないってことだよね、きっと…

というわけで、iPod nano や オムロンではない新たな選択肢を求めていたところに突如 Jawbone UP 日本発売の告知が! iPod nano よりはちょっと高いようですが、ここはエイヤッと、販売数の確保されていそうなStore にて限定色でないオニキスを購入して発売日に無事到着。
例によって、画像、使い方、機能など詳細は一切省いて感想を羅列してみます。

  • 純粋な歩行以外の動きも検知しているためか、歩数はポケット投込型歩数計と比べてやや多めになる印象があります。正しいかどうかというよりは、意識的な歩行のみを運動として捉えるのか、無意識的な日常生活での動きも含めて運動量を考えるのか、まあポリシーの問題ではないかと。
  • 睡眠記録というものは今まであまり気にしたことはなかったのですが、これはなかなか興味深いものがあります。自分が目覚めて意識があると思っている時間でも「浅い眠り」として記録されていたりして、いわゆる金縛りとはこういうことなのか、と思ったり。
  • 何が原因なのか、睡眠記録がうまく残らない日が今まで二回ほど。睡眠モードにしてからばたばた動いたりしたのが、寝る寝る詐欺だぞ、みたいに思われたのか。後で手動で記録することはできるけれど、その場合、睡眠の深度は記録されない。いまから寝るよ、と睡眠モードにしてからばたばた身支度するより、お布団に入って寝入る直前くらいにモード切り替えするのが良いのだろうか。このあたりはもう少し使ってみないとよくわからない。
  • 起床アラーム設定前に起き出して活動モードに切り替えればアラームは作動しないとか、細かい配慮がなされているようです。充電中のLEDの明滅も、Mac のスリープランプに似た明滅の仕方で目に入ってもうるさくない。それだけ配慮してくれたんだから、充電中のキャップ置き場はどこかに作っておいて欲しかったですね。転ばぬ先の杖としてスペアは入手しておくべきじゃないかと思ってます(まだですが)。
  • アプリはなかなか良くできてます。まあローカライズはちょっと首をかしげるところもありますが、アップデートを準備中とのこと。子どもの前で「ほらほら」とiPhoneと同期してみせたら、帰宅すると「今日は何歩歩いたの?」と同期してアプリを見せるのをせがまれるようになってしまった。励みのようなプレッシャーのような。
  • その他、機能はいろいろあるらしいのですが、よくわからない(しらべていない)ので使っていません。食事の記録とかもちろんいちいちやってません。どちらかというと怠惰な人をターゲットにしたガジェットではないかと思うので、それでよいのではないかと思ったり。
広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。