傷だらけのCDを読み込む

130325-0001その昔、CDが出始めた頃にはデジタルデータを非接触方式で読み取るから劣化しないとか、テープみたいに絡まって再生不能にならないとかあたかも永遠に保存可能というような神話がありました。ところがどっこい、記録面に傷つきやすいの何のって。本来非接触なはずのピックアップが盤面をひっかいたような傷も時々見かけます。さらに自分で買ったわけでもないレンタルCDや図書館所蔵CDで激しい傷がついていることも。いや自分で買ってないからこそ大事に扱って欲しいものですが。
それはともかくとして、傷だらけのCDをリッピングするにはどうしたら良いものか思案してみました。

OS X であれば、CDの読み込みは標準で iTunes から行われます。iTunes で傷モノCDを読み込むなら、環境設定>一般>読み込み設定… で「オーディオCDの読み込み時にエラー訂正を使用する」のオプションにチェックを入れると良いらしい。だいたいそれで問題ないはず、とどこかに書いてあったような気もします。

ただ、iTunesでの読み込みは結果オーライなのかどうか、いまいちよくわからない。そこでぐぐって見たところ、X Lossress Decoder [X Lossless Decoder: Lossless audio decoder for Mac OS X ]というフリーソフトがあるらしい。サイトにはなかなかに専門的なことがたくさん書いてあってわからないことばかりなのですが、とにかくCDを入れてXLDを使ってリッピングするとこれまた専門的なよくわからないことがたくさん書いてあるログファイルを吐き出して表示してくれます。で、まあよくわからないけど、ログの中に

Statistics
Read error : 0
Jitter error (maybe fixed) : 0
Retry sector count : 0
Damaged sector count : 0

みたいに書いてあると何となく安心できる、そんな感じです。いくつか試してみて、傷のひどいときはエラーゼロ、とはいかないこともありましたが、それはそれで諦めもつくというわけです。

ところで、音楽CDを入れるとiTunesが起動するのがOS X のデフォルト動作ですが、これはiTunesの環境設定からではなくて、システム環境設定の、「CD と DVD 」から変更するんですね。実は今更知りました。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。