第7世代 iPod nano について(その3)

いつになく連日更新しています。
いよいよnanoのレビューは、核心の歩数計機能と音質について。

と、思いましたが、歩数計機能はほとんど第6世代の頃と変わりはありません。ちなみに、第6世代当時の歩数計機能についてのレビューはこちらです。第6世代より進歩しているのは、Nike+ のランニング計測機能を利用するのに別売りのキットが不要になった模様(正確に言えば、第6世代もファームのアップデートで別売りキットは不要になったんでしたね)。画面の大小はありますが、フィットネスの項目で表示される情報や画面の造りなど、ほとんど同じです。ちょっとばかりオムロンの専用歩数計と一緒に持ち歩いて精度を比べてみましたが、写真のように専用歩数計と比べてもほとんど誤差の範囲と言って良いでしょう。
ところで、iPod nanoの歩数計機能の良さは、Nike+Active のホームページに登録して、ウェブ上で記録を一覧できることだったのですが、実はしばらく前から Nike+Active のページはお休み中らしい。で、「新しい Nike+」 のページをいくら見てもランニングの記録しか確認できず、ウォーキングの記録はどうやって確認したら良いのやら。。残念なことですが、Nike+は若者向けで、ウォーキング中心の中高年はオムロンの歩数計で良いのかも。
あとは、第5世代のiPod nanoで可能だった、画面を横向けにして時間ごとの運動量をグラフィカルに表示する機能も第6世代で削られたまま、復活していませんでした。このグラフ表示はとても見やすくて気に入っていたので、今回画面が再び横長になったのをきっかけに、ぜひとも復活させてもらいたいところです。

最後に、音質について一言。これは厳密に旧機種と聞き比べたわけではないので、簡単な感想にとどめますが。地味に音質は向上していると思います。今までのiPodシリーズ同様、フラットな音づくりは変わりませんが、ビミョーに低域・高域が増強されてレンジが広くなった印象。さらに全体に音の分離・解像度がアップしているようで、音場が第6世代より広く感じられ、ボリュームを上げてもうるさい感じがしなくなりました。iPhone 5 はわかりませんが、4S と比べても音は優れいていると思うので、音楽プレイヤーとして使うなら、BT経由ではなくイヤフォン直差しで聞きたいところです。

例によって、やたらと詳細なilounge.comのレビュー(英語)が出ていますので、興味のある方はどうぞ。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。