iTunes のCDジャケットプリント機能で紙ジャケットを折る

さて、世はまさに獅子の黎明期なわけですが、相も変わらず時流に乗らずにおります。一応MBAに落とすだけは落としたのですがまだインストールしておりません。10.7.1か、7.2あたりでやって見たいと思います。

というわけで今日はCDジャケット制作。そんなことを仕事中に(以下略… A4用紙で紙ジャケを折る方法はぐぐるとすぐに見つかりますが、ひとまずネタフルさんの4年くらい前の記事経由で、”How to make a folded-paper CD case” という記事を参考にしましょう。

それだけではただのコピペなので、今日はiTunesのプリント機能でプリントしたCDジャケットで折ってみました。

まずはiTunes の編集メニュー>プリント… またはCTrl+Pでプリントダイアログを出して、お好きなテーマを選んで(と言ってもそんなにバラエティはありませんが)CDジャケットをプリントします。

でもって、さきほどの元記事の写真を見ながら折り進めるわけですが、iTunesでプリントアウトされたジャケットには、トンボがつくのでCDの幅に折ったり、中心をとるのが容易になるのがミソです。ひとつだけ、元記事ではやや分かりにくいのではないかと思いますが、ジャケットの表と裏の折り返し部分(元記事の説明6~7のあたり)は、CDを納める部分に三角の耳を折り込むようにします(やっぱり言葉で説明してもまるで分からないので、一応写真を撮ってみました↓)

完成するとこんな↓感じです。当然のように曲目とモザイクのアートワークが半分半分になるわけですが、まあそれもご愛嬌。今日はコピー用紙でしたのでいかにも柔な感じですが、しっかりした紙質の紙を選べばそれなりに良い出来になりそうです。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。