iCloudを考える

iCloudの紹介は最後にもってきて、Jobsがそこを受け持った辺りにAppleのiCloudに注ぐ情熱のほどがうかがわれるようです。

実を言うとまだキーノートも見てないのですが、iOSデバイスのPCフリー(Macフリーじゃないんだね)を補完するのがiCloud、みたいな理解でいいのかな。あるいはこれまで母艦コンピュータが担っていた役割をAppleがデータセンターで一括して引き受ける、みたいな?

iTunes in the Cloud はとても興味深いし、iTunes Match は日本で始まったらレジストしちゃいそうだけど、果たして日本のコンテンツホルダーはどういうふうに感じてるのか、知りたいところ。同一IDなら再ダウンロード無制限、というのは、機種変で全部買い直しになるらしい着うたとやらとは真逆の考え方ですからね。iTunes Match というのはユーザが持ってるソースをiTunesのライブラリにあるものに置き換えちゃうわけで、これはこれでコンテンツホルダーにとっては悪い話じゃないと思うんですけどね。まあしかし、高音質、DRMフリーバージョンに置き換えるというのはなかなか大胆な話。あと、結局iTunesのライブラリにない曲はアップロードされるみたいなのですが、それは例のロケフリ判決の関係でいうと微妙な気もする。著作権管理団体に金を払えばOKは出すかもしれないけれど、果たしてリーズナブルな範囲で金額の折り合いが付けられるのかな?また既存の着うたサービス陣営がどう出るか…そういえば、Complete My Album サービス(アルバム中の一部を買っていれば、残りの曲をアルバムのお値段−購入済の曲のお値段、で買える)も日本ではいまだに始まってないですよね…

ところで、iTunes in the Cloud がiOSデバイスで本格稼働すれば、もう、大容量HDDを積んだiPod Classic は要らなくなる、ってことで、いよいよHDD入りiPodの終焉は近いようです。小さなshuffleやnanoは細々と残るかもしれませんが。もしかしたらnanoにさえiOSを積んでWi-Fi Sync するようになるかも。しかしできればiPod Classic は日本では当分販売を続けてもらいたいですね。iTunes in the Cloud はもちろん、iTunes Match なんて、当分おあずけなんでしょうから…

それから、無料ストレージ5GBで、iTunes で買った曲は勘定しないからそれでいいんだ、という説もあるけど、やっぱり足りないでしょ。で、ここは直前に Time Capsule の噂もあったわけですが、つまり追加ストレージはAppleが用意するんじゃなくて、ユーザ自身が購入した Time Capsule をiCloudの追加ストレージにしちゃえばいいのでは?

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。