壊れた Spaces の設定を復活させる


大変ご無沙汰です。
さて、職場で仕事しているふりをするとかいろいろ便利な仮想デスクトップの Spaces ですが、なぜだかときどき設定が無効になってておまけにアプリケーションの配置スペースをいろいろ設定しておいたのにそれが消えちゃうことがあるのです。
Mac OS X の定石からすれば、Preferenceファイルが壊れたみたいな話なので、Time Machineから直前の設定ファイルを拾ってきて復元すれば良い、はず。
なのですが、実は Spaces.app というアプリケーションはありますが、com.apple.spaces.plistなるファイルはないんですね、これが。なぜなんだよ、とここはぐうぐる先生に聞いてみるわけですが、同じことで悩んだ方はいらっしゃると見えて、こちらのブログにそのありかが書いてありました。ふむふむ、dock.plistとはね。
ただし、これだけ復元しても設定は元に戻りません。com.apple.dock.db なるファイルもいっしょに書き戻してあげないといけないみたい。ちなみに復元には管理者パスワードが要求されます。また起きるかもしれないので一応覚えておこうというわけでここにメモしてみました。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。