音の出口をどうするか

最近、通勤時の音楽再生をどうするか、でちょっと悩み中。
しばらく前まで使っていたのはソニエリの青歯ヘッドセット。MW600というやつです。予想していた以上に音は良いし、ケーブルが短くなるのはとても便利。まあ音量の上げ下げとかの操作性ははっきり言ってダメですし、ボタンの誤操作も多い造りなのはちょっと困りますけど。
しかし、この地震やなんかで通勤中にラジオも聞こうかと思って、nano 6GにMW600付属のイヤフォンを刺して使ってみたらこれがなかなか音が良くて、元に戻りたくなくなっちゃってしまったのですよ。ううむ、音楽専用iPodあなどりがたし。
しかし、音楽再生にiPhoneを使うとそれなりの楽しみ方もあって、たとえばSoundTrackingや他のSNS系アプリと連携するとかも楽しい。SoundTrackingとか、データベースに登録されている曲なら試聴も簡単にできますし。
音質を追求しつつSNSを楽しむなら、iPhoneに直接ケーブルを刺せばいいわけですけど、コードレスな世界を知ってしまうとこれもやはり戻れない。ああなんかぜいたくですか私?
この際、iPod nano に青歯付けて、AirPlayでローカルなiPodのライブラリもiPhoneのライブラリもアクセスできるようにしてくれないか、と思ったりするんですけど。。そーゆー無駄なことはやっぱりあり得ないよね。。などと今日はつらつら書き連ねてみるのでありました。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。