nano 6Gと歩数計専用機を比べてみた

先週、nano 6G がどこに消えたのか見当たらないので、やむなく、というか、Felica対応でwebに計測結果をWebにアップできるというあたりに興味を感じたので、オムロンの歩数計 HJ-205IT を購入してみました。
WellnessLINK ( http://www.wellnesslink.jp/ )とかいうサイトに登録するとそこに計測結果が蓄積されてグラフ表示ができるらしい。予測はしていたけれどMac非対応だったりするのは残念。近ごろMacユーザも増えつつあるようだから対応してもらいたいところですね。携帯サイトもあるようですが、「スマートフォンからはご利用いただけません」ということで、これもまた残念。
Webのサービスは基本的に淡々と履歴を表示するくらいでツイッター連携とかあるわけでもないし、まあ良くも悪くも医療機器メーカーさんですね。Nike+あたりをお手本にしたらガジェット好きな人々にも人気が出そうな気もするんですが。
モノ自体は4,000円そこそこの価格でありながらUSB接続の通信用お皿が付属していて、通信ボタンをポチッと押してお皿に乗せるだけで登録・データ転送も可能。それはそれで専用機器らしい出来栄え。Felica通信用のお皿のドライバと通信ソフトだけの問題だと思うので、Mac対応も何とかして欲しいなあ。このお皿はまた、何か別の用途にも使えそうな気もするんですよね、Felicaカードのビューアみたいなアプリケーションとか。
専用機器らしいところとしては、計測される歩数の中で、さらに「しっかり歩行」「EX歩行(エクササイズ歩行)」と歩行の中身もチェックしてくれます。いまいち定義がわからないけどね。

さて、こういうふうに見当たらなくなったモノの代替機を購入するとなぜかいつも探しものが見つかるのは不思議な話。で、しかたがないのでnano 6G(ファームウェアのバージョンは ver 1.1 )とオムロンの専用機と、同じコースを同時計測して比べてみました。

  • HJ-205IT   2088歩
  • nano 6G       1937歩

ということでnanoの方が1割くらい少なくなる感じ。おお、思ったよりもnanoの計測はしっかりしてる感じですね。前はずいぶん計数が多くなっちゃう印象があったんですけど、バージョンアップでこの辺もブラッシュアップされたんでしょうか?それとも装着のしかたの問題?

と、専用機を買ってみてまた改めて nano 6Gの良さに気づいた次第。ちなみに同じようなキカイばかり買う、と言ってウチの財務大臣が口をとがらせていたのは内緒の話です。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。