Safariリーダーで整形してからクリップする


iPhone 4 から Mac mini からAppleな話題はたくさんありますが、いつものようにそれらはさておいて。

Safari 5 で追加されたリーダー機能はホントに気持ちがいい。そしてごちゃごちゃしたサイトをリーダーで抽出すると、じつは本文はこれしかなかったのかあ、なんてがく然とすることすら。今日のmaclalala2さんの記事がなかなか核心を突いてます。FLASH非対応といい、余計なものをそぎ落として本質に集中させようという哲学を感じます。

で、WebをEvernoteにクリップするときに、このリーダー機能がとても便利。リーダーで整形された形でクリップすると後から実に読みやすいのですね。別に難しいことではなくて、リーダー機能で本文を抽出してから、印刷メニューを実行して印刷パネルを呼び出して、左下の”PDF”のボタンから、”Save PDF to Evernote” を実行すると、リーダー表示のままでEvernoteにPDFファイルがアップされます。Safari のツールバーやブックマークレットからクリップすると、リーダー表示の時でも元の表示のままで保存されちゃうので、一手間かけて印刷メニューから実行するのがコツです。こういうことのできるSafariの機能拡張って、出ないかなあ?

面白いことに気付いたのですが、リーダー表示でスクリーンショットを撮ると、Safari のツールバー、ブックマークバーは写らないのですね。リーダー表示のウィンドウはSafariとは別ウィンドウという扱いになるのかな。(注:スクリーンショットのリーダー表示は、カスタマイズしております。カスタマイズの方法は、soundscape out さんの記事あたりをご参考に。)

広告
  1. 2010年 6月 17日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。