iPod nano という名の歩数計

どうも冷えると咳が出るので医者に行ったら「血行促進のために万歩計でも買って,歩いたらどうか」と勧められました。お医者さんに言われた以上は買わないわけに行きません。で,ビックガメラに行ってフィットネス用品売り場を見てもぱっとしたものもないし,Mac 対応なんてもちろんあるわけない,Apple 製のあの歩数計の他には。
と,いうわけでまたもや買ったよ買った,nano 5G でござる。
プレイヤーとしてはもはや評価し尽くされているような気がするのでここは,歩数計としてレビューします,当然。

さて,歩数計メニューは,エクストラ>フィットネス>歩数計 にあります。階層が深いのでメインメニューをカスタマイズして,メインメニューに歩数計モードを登録しておくのがオススメ。メインメニューに出しておくと,カーソルを歩数計の所に合わせるだけで,現在の歩数がメイン画面下のプレビュー部分に表示されるようになり,便利です。

使い方はマニュアル(PDF直リンク)を見ていただくべきでしょうが,”フィットネス>設定”で,常にオンにするかどうか,目標数値,体重を設定できるほか,画面の方向のカスタマイズができます(もっとも,画面の縦横で表示される情報が変化するわけではありません)。
非常に良くできているのが,履歴の画面。手近にカメラがないので画面は割愛しますが,カレンダー表示で過去の実績を参照可能。で,日付を選択してセンターボタンを押すと開始・終了時刻,継続時間,週間歩数合計,月間歩数合計などの詳細データが見えます。で,その状態で iPod を横向きにすると何と,その日のどの時刻にどれくらい歩いたかが棒グラフ化されて表示されるという芸の細かさ。(そのうちひまがあったら写真を撮ってアップするかもしれません:写真は次のエントリでどうぞ)オレンジ基調の画面に緑の棒グラフがホントきれいです。
歩数の計数をリセットすることはもちろんいつでも可能ですが,「セッションを停止する」「セッションを開始する」という表示はちょっと一般にはわかりづらいように思います。べつにこまめにセッションを分けなくてもほっとけば日付の変更とともに歩数がリセットされるみたいですから,手間はいりません。

そして,データ(ワークアウトデータ)は,iTunes 経由で Nike+ Active のページに転送することができます。実はまだページが日本語化されてないだけでなく,リージョンとして日本を選択することもできないので,最初の登録はちょっと戸惑いますが,堂々と米国人のふりをして登録しました。このページでは歩数に応じて,ビルに上るとかホットドッグを平らげるとかきれいなアニメがでますが,週間の棒グラフやトータルでの一日当り最高記録が表示される程度で,はっきり言って大した情報はありません。

全体としてかなり完成度は高いですが,iPod という看板で歩数計としての機能が隠されていて,もったいない気がしますし,Nike+ Active のページも登録時にリージョンの選択のところで日本が出てこなくて,この段階でほとんどの日本人は登録を断念しちゃいそうです。ウォーキングはそれなりに流行っていますから,もうちょっと上手に宣伝して,Nike+ Active も日本語に対応すれば,純然たるフィットネス用品として,人気が出そうな気もします。

<2010/9/25 追記>
nano 6G の歩数計機能についてはこちらの記事をごらんください。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。