iPod classic ご購入

091006-0001
今年のニューモデルから iPod classicを買いました。
その昔,iPod の画面が白黒だった頃,ジョブズは,カラー化の計画を聞かれて,「音楽を聴くのにカラー画面は要らない」と言ったとか言わないとか,その昔,iPod のビデオ対応のウワサが出たとき,「あくまで音楽にフォーカスする」と言ったとか言わないとか,微かに記憶にあるのですが,そうしてみると今度の五徳ナイフみたいな nano は一体何じゃいな?という気もします。もちろん売れるでしょうし,エフェクト付ビデオも子どもがすごく喜びそうですけど。
というわけで,ケースメーカーまで巻き込んでの大々的なカメラ付く付く詐欺だったタッチは問題外ですし,classic に行き着くのはある種の必然と言えます。
実は,ハードディスク型というか,フルサイズな iPod は第三世代(LEDが怪しく光る,with Dock connector と呼ばれたヤツ)以来だったりします。では,例によって以下箇条書きにてファーストインプレ開始。

  • 音はいい。もう Shuffle には戻れない。生ピアノとエレピの違いがちゃんとわかる,というか,生ピアノがちゃんとピアノの音になる。ブラシでシンバルを撫でる音がわかる。
  • iPod は2つの PC と同期できない,と通常言われていますが,音楽を PC1と同期し,写真を PC2 と同期することに全く問題がなかった。
  • とにかくライブラリまるごとぶちこんで写真も全部ぶち込んで,私の過去7年間がこの中にすっぽり収まってしまうことにがく然。写真は iPod classic の Photo フォルダ内の,年別,月別,日別のフォルダに整然と納まっている。今までのスナップ写真をバックアップする,というのもひとつの購入目的だったのですが,写真を入れてみて,思わず子どもの小さい頃の写真などを眺めては思い出にひたってしまった。
  • In Ear Headphone のリモートスイッチが使えるのも便利。ただしこのヘッドフォンは実はイヤフォンジャックの接触が弱点のようで(私も片チャンネルの音が出なくなって銀座で交換してもらったことがあります),最初は反応がなくてちょっと焦った。
  • Genius Mix も対応しているけれど,出荷時のファームバージョンが 2.0.2だとアップデートが必要です。
  • ところがどういうわけか,Voice Over での曲名読み上げには対応していないらしい。nano は対応しているのにね….
  • 細かいことだけれど,スリープタイマを使っているときに,スリープするまでの残り時間がメイン画面に出てこないのは,前より退化している気がする。それにスリープするときもフェードアウトしないでぶちっと音が切れてしまうのも,ちょっとアップルらしくない。
  • nano とは違って標準でラジオは聴けません。ユーザガイドを読むと,Radio remote は使えるみたい。ただし,Apple Store を探してみてももう取扱いはないらしいんですけど,何それ?
  • 広告
    1. トラックバックはまだありません。

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。